2017年4月3日月曜日

「つひまぶ」沖縄号 発行いたしました





3月31日つひまぶ沖縄号発行いたしました!

今回は、北区の沖縄を特集しています。
大阪で沖縄といえば、大正区が有名ですが、北区にも沖縄ゆかりの方がたくさんいらっしゃいます。沖縄料理のお店もたくさんあります。
沖縄は、ほかの都道府県からうらやましがれるほど、独自性の強いところ。
沖縄と聞いただけでも「沖縄そば」「ゴーヤチャンプルー」「泡盛」「エイサー」「カチャーシー」「沖縄民謡」「三線」「やむちん」「映画」などなど思い浮かぶものがたくさんあります。
それだけ引き出しの多い地域です。
今号では、その沖縄のなかでも、北区に根付いている沖縄にスポットを当てています。
巻頭では、なぜ沖縄の人々は大阪にやって来たのか?を追いかけています。
パスポートを持って沖縄からやって来た人々のこと。
本土復帰後も途絶えることなく大阪にやって来ている沖縄の人々のこと。
大阪で沖縄の料理や踊り、音楽で活躍している人々のこと。
沖縄の人と、沖縄に魅せられた人々のことのこと。
今回もたくさんの方にお話をうかがいました!

そしてそして、初めて!食レポをしています。
内容はもちろん「沖縄そば」です。
北区で食べられる沖縄そばはどれも美味しく、かつ似たものはひとつもありませんでした。
最終ページには、むしまつさんのイラストが素晴らしい、北区で手に入る沖縄物産もご紹介しています。

沖縄ゆかりの人々は、大阪でもやっぱり優しく力強く、周りを巻き込むオーラで、みんなをひとつにしていました。沖縄の人同士だけでなく、北区で知り合った誰もが巻き込まれ、一緒になって笑っている場をいくつも見ました。沖縄は、北区でしっかり根付いています。

つひまぶ沖縄号は、常設いただいているお店に順次お持ちしております。
もちろん、北区役所にはすでにあります。
お急ぎの方は区役所へお越しください。