2017年3月6日月曜日

天神橋のたもとは天神祭が感じられる

3月に入って、三寒四温の日が多くなってきたような気がします。
でもって、安心していたらこの時期にインフルエンザに掛かってしまいました。
そして苦しかったインフルエンザも治ったと思ったら、病み上がりにぎっくり腰まで起こしてしまう始末。
気をつけないといけないなぁ、と肌で感じたこのごろです。

さて、今日は「天神橋のたもとは天神祭が感じられる」です。
普段、移動は電車がバスか自動車がほとんどなので、北区の橋もほとんどがクルマで通過しているんです。
あ、歩行者専用の川崎橋は、実を言いますと未だに渡ったことがないんです。

そんななか、歩いて天神橋を渡る機会があったので、ちょっとだけ堪能してきました。
南のたもと(南詰)から北を望む
橋からたもとには、階段で降りられる構造となっており(それすら知らなかった…)大川沿いに歩けるルートに出られます。
船渡御のかがり火です
階段の壁には、タイル貼りの天神祭を見ることができます。
周囲は、きれいに整備されており、ゴミひとつ落ちていませんでした。落書きもなかったので、しっかり管理されているんだろうなぁと感心してしまいました。
陸渡御の鳳神輿です
7月25日のこの場所は、人でごった返すのでしょうか?
北のたもと(天神浜)から船渡御が始まるので、この辺りは絶好の撮影スポットでしょうね!
鳳神輿の上には御鳳輦が描かれています
地元の方々の天神祭に掛ける思いは、並々ならぬものだと改めて感じさせられました。
このきれいな環境を皆で守っていきたいものですね!
カッコいい階段形状です