2017年2月27日月曜日

さようなら、龍踊りの申し子、小西登紀子さん

昨年7月に発行した「つひまぶ 踊る北区号」にご登場いただいた、天神祭・龍踊りのカリスマである小西登紀子さんが、亡くなられました。
享年59歳です。誕生日を目前に控えた、あまりにも早すぎる、突然のご逝去でした。

龍踊りの申し子のような人でした。
元来、地車講の龍踊りは、女人禁制です。しかし、彼女こそが、その禁を破り、地車講の龍踊りを新しい時代のものへと歩みを進めました。
今では、講元の血族だけは、女性でも龍踊りを踊ることができます。小西さんの娘さん、お孫さんも、踊っています。
ご自宅にお邪魔すると、囃子の鉦が小さいサイズから大きいサイズまで、5種類くらいあるのです。子供さんの成長に合わせて、その鉦を使ってきたとのこと。小西家では、生まれたときから龍踊りの英才教育がはじまるのです。

昨夏の天神祭の船渡御では、地車講の船に乗せてもらい、小西さんの龍踊りを堪能しました。
そのとき、彼女は足首を傷めており、ドクターストップがかかっているなかで、渾身の龍踊りを披露したのでした。



35年前、妊娠されていたときも踊られました。まだ安定期に入る前です。
そのとき小西さんのお腹にいた娘さんもまた、天神祭と出産予定日が重なったため、帝王切開で1ヶ月前に出産してなお、天神祭で龍踊りを踊っています。

美しい方でもありました。
50歳を過ぎてなお、ご自身のグラビア写真を撮り、カレンダーやメモ帳にしてみんなに配り、みんな大迷惑していました(笑)
なにかの大真面目な定時総会の場で、勝手にオンステージを敢行したと聞きます。

あらゆる意味で、熱狂の渦の中心におられた方です。
しかもその熱狂は、彼女自身がつくりだしたものです。
この世知辛くも窮屈な世の中にあって、これほどの規格外、破天荒な人を、僕は見たことがありません。
圧倒的な生命の熱を放ちながら、なぜ、神さまは彼女のような人を天に召されるのか。

告別式は、生前、彼女が信仰していたキリスト教のカソリックにて執り行われました。
牧師さんは、
彼女が素晴らしいからこそ、神は、神の元に彼女を置きたかったのでしょうか、と、僕たちに語りかけました。

圧倒的な生命の炎を放ちながら、彼女は、今生の生を全うしたのでしょうか。
それにしても、若すぎます。

人が集まる輪のなかにいるのが好きな方でした。
つひまぶ「踊る北区号」には、何人かのダンサーを紹介させていただきましたが、そのなかのお一人が、同じ号に載ったというそれだけのご縁で心に留めてくださっており、僕に訃報を知らせてもくれました。
そうやって、彼女の存在そのものが、人と人とをつなぐような人でもあったのです。

告別式での最後、地車講による、龍踊りが披露されました。
小西さんの妹さん、娘さん、お孫さん…、女衆ばかりが龍踊りを踊り、男たちは鉦と太鼓を打ちます。
惜別の龍踊りは、これまで見てきたどの龍踊りよりも魂がこもっており、見守る人のすべての胸を打つ、渾身の龍踊りでした。

さようなら、小西登紀子さん。
あなたに出会い、熱風を受けた日々は、僕にとっても楽しい日々でした。