2017年1月1日日曜日

大阪府内、人身事故が最も多い交差点が北区にある!

年末は、本当にバタバタでした。
なんで、毎年年末ってバタバタするんでしょうね。
いろんなことを一気に済ましたおかげで腰痛が再発してしまい、腰をかばう年越しになってしまいましたw

あけましておめでとうございます。
今年も「つひまぶ」をよろしくお願いいたします。

今年一発目のつひまぶブログですが、年末年始といえば出かける機会も多いと思います。
徒歩でも自転車でもマイカーでも、一歩外に出たら危険と隣り合わせ。
新年早々からなのですが、先日、日本損害保険協会が2015年度版の「全国交通事故多発交差点マップ」を発表しました。
全国での人身事故多発件数ワースト10位の5位に
「東天満交差点」
人身事故発生件数ワースト5位の「東天満交差点」
がランクインしていたのです。

京阪国道を東方向(南森町から桜宮橋)で天満橋方向に右折する時に造幣局の方向から来る対向車が交差点直前で道路が曲がっているために見えにくくて、交差点内での衝突事故が多いんだろうなぁって思ったみなさん、私と一緒の考えでしたね。
でも、この交差点の事故原因を見たところ、右折時の事故は2件と少な目。
一番多かったのが左折時の事故で、全体の約4割でした。

よくよく考えてみると、私は帝国ホテル側から走ってきて、東天満交差点を右折(京阪国道に入る)するケースが多いのですが、右折待ちしていて信号が赤信号になってから右折矢印が出ても、対向左折車が止まらない!
1台だけじゃなく、3台4台と続けて赤信号を突入してくる!
しかも、信号無視して自転車もドサクサ紛れに横断してる!

原因はこの時に発生しているんじゃないかなぁ、と感じました。
確かに、双方の道路が幹線道路で交通量が多く、1度信号を待ち始めると、結構な時間待たされるのですから、なんとか急いで行きたいと思ってしまうんでしょうね。

でも、その「ほんの」一瞬を魔物は見逃しません。

新年、お出かけする機会も多いですから、時間に余裕をもって楽しい新年をお迎えくださいね!