2016年10月17日月曜日

長柄橋南詰めの観音さんが教えてくれるのは、「口は災いの元」



長柄橋の北区側、つまり南側の橋のたもとに、観音さんが祀られております。
しかも、1体ではありません。中央に立派な観音さんと、右側に、表面が剥落した石仏の観音さんの2体が、おわします。

通常、観世音菩薩が祀られている仏堂を「大悲閣」と呼びます。ここは仏堂や楼閣というほどのサイズではないけれども、それでも、これはこれで大悲閣でしょうな。
大悲とは、大いなる慈悲というほどの意味です。

京都の嵐山、大堰川西側の鳥ヶ岳のてっぺんに、千光寺というお寺さんがあります。もっとも、千光寺という寺名よりも、「大悲閣」という通り名で有名なお寺さんです。眼下の大堰川開削に際して多数の犠牲者が出たことから彼らを弔うために建てられたお寺さんで、やはり観世音菩薩を祀っています。

長柄橋のこの観音さんを見たとき、すぐさま、その、大悲閣を思い浮かべました。
こちらの観音さんも、きっと、淀川の開削や長柄橋架橋の際に亡くなった人たちの弔いのために祀られた観音さんに違いないと思ったからです。

調べてみると、なかなか壮絶な逸話が出てきました。

かつて、このあたりに橋を架けようとしたのだけれども、工事は困難を極め、人柱を立てることとなったのでした。
ところが、です。当然のことながら、誰を人柱にするかで紛糾します。そこで、地元の長者のひとりであった巌氏(iwauji)に相談したところ、「袴に継ぎのある人を」と言ったのだとか。
そこで袴に継ぎのある人を探したところ、なんと、それを言った当の巌氏の袴にこそ、継ぎがあったのでした。
句が残っていて、「物いわじ 父は長柄の橋柱 鳴かず雉子も 射られざらまし」と嘆き悲しんだ一人娘の光照前が詠んでいます。
「物いわじ」は「巌氏」に、掛けてるんだろうか?
ちなみにこれ、推古天皇時代の古事です。

句を見るかぎり、巌氏が自ら人柱となるように仕組んだご宣託ではなく、要らんことを言ったために人柱になってしまったことを悔やみ嘆いているので、この話は英雄譚ではなく、なんともいえん、間抜けではすまされないけれども、やっぱり間抜けな話です。口は災いの元、というやつですな。

いずれにしても、どうやら、このとき、巌氏だけではないでしょうが、架橋に際して犠牲になった人々を弔うために、ここに観音さんが祀られたようです。


観音さんの横には、「旧長柄橋弾痕」と書かれた旧橋脚の一部と、顔から胸にかけての表面が剥落した痛ましい姿の、もう一体の観音さんがいらっしゃいます。

その観音さんの横に、縁起が刻まれた石碑がありました。

そこに書かれていたのは、第2次大戦時の大阪空襲での犠牲者を弔うために、とありました。
1945年(昭和20年)6月7日、第3次大阪大空襲の際、都島区から豊中市にかけて、淀川の両岸は焼き尽くされたそうです。長柄橋の橋の下に避難したものの、400人以上が亡くなったのでした。

中央の観音さんは、その人たちの供養のため、建立されたものなのだそうです。見ると、大慈大悲観世音菩薩、とあります。

1951年(昭和26年)、橋の大修理が行われた際、「旧長柄橋の空襲跡の保存を求める連絡会」の奔走により、ふたつの観音さんは今もしっかりとこの地に安置され、大きな慈悲で包んでいる、ということです。

架橋工事がいかに難事な工事であったか、大空襲がいかに凄惨であったか、そうしたことを、ここの仏堂は今も伝えてます。

2016年10月11日火曜日

JR大阪駅でフラワーアートミュージアム開催中です

10月11日のつひまぶブログです。
イベントがたくさんあって、どれに行こうか!?
と悩ましい10月です。
うめきたガーデンもオープンしましたし、来週は北区民カーニバルもありますね。

そんななか、そんなに気張らずに行けるのが、JR大阪駅です。
5階、時空の広場で「フラワーアートミュージアム2016」が開催中です。




色とりどりのお花が植えられています。
遠目に見ていても、色とりどりキレイですが、近づいても楽しいです。
「この花壇のお花」というパネルが各花壇ごとにあるので、お花の名前を見ることもできます。
子ども連れでも楽しそうです。




屋外ですが、天井付きなので雨の心配もありません。
季節のお花の写真が撮れるのが嬉しくて、すでに何度か通っているのです。
大阪駅を北へ、南へ抜ける際にはぜひ、5階で移動がオススメです。



フラワーアートミュージアム2016は10月17日20時までの開催です。

2016年10月3日月曜日

大阪駅前バスターミナルが新しくなる直前に気づいたこと!

10月に入りましたが、天候不順な日が続いています。
最近は天候が悪い日が多いため、洗濯物を干して仕事に出かけられません。
そのために普段はほとんど使わない乾燥機を使っているのですが、私の乾燥機が古いのか、洗濯物が縮んでしまいます。靴下なんて子供用じゃないか?!と思ってしまうくらい。
安心して天日干しができる日が待ち遠しいです。

さて、今日は「大阪駅前バスターミナルが新しくなる直前に気づいたこと!」なのですが、10月1日に市バスの大阪駅前ターミナルが新しくなりました!

詳細はこちら。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h28_all/20160913_osaka_busterminal.html

まだ新しくなってから利用してないのですが、今日は、その直前に見かけた「市バス@ミプロの技」を書きたいと思います。

私がいつも利用するのは37系統「井高野車庫前」行きなのですが、工事中の臨時バス停は阪神百貨店の前でした。ちょうど建て替え工事の先行エリアあたりです。
扇町通り方向に向かう車道は6車線あるのですが、工事中のためにバス停と車道が無余地(道路幅が6車線ともギリギリ)なのです。
乗用車ならちょっとフラついても気にもならないところでしょうが、バスは違います。
この画像、乗客を乗せるために幅寄せしてるのではありません。
このすき間を維持しながら
走れることがすごい!
手前から、この無余地車線を走ってきたのです。
ガードレールとバンパーコーナーのすき間が、なんと2フィンガー!!
30mm程度ってところでしょうか。
これ以上すき間を開けると右車線の車にぶつかってしまうため、神経を使っているでしょうね。
10月からは、井高野車庫前行きのバス停も新しいターミナルに移動になりましたので、この姿を見ることはなくなってしまいましたが、これからも注意深く観察すれば、いろんなシーンでプロの技を見られると思います。

あ、そうそう。
市バスといえば、先日、名古屋市営バスに乗車した時に、後ろ(車体中央)の扉から乗ってしまい、大恥をかきました。
名古屋の市バスは、前の扉から乗車して、運賃は前払いです!
みなさん名古屋に行った際は、私のようにお間違いのないように。