2016年7月25日月曜日

ポケモンGOで扇町公園が聖地になっちゃった

天満は天神祭で沸き返っているわけですが、その一方で、もうひとつのお祭りも。
そう、「ポケモンGO」ですな。





じつは扇町公園がピカチュウの巣になっていて、昼夜かまわず人がワラワラと湧いてきておりますー。
日付が変わったあたりの時間で、これですからね。



ここだけで、僕、レベル7までいっちゃいましたが、なかでも、ピカチュウとドードーの出現頻度高し!です。
扇町公園でウロウロしていると、ピカチュウのレア説が嘘に感じられるほどピカチュウだらけ! 常に沸いてますー。
この、ピカチュウの噂が幅広い層を寄せてつけているような気がします。

さて、ポケモンGOは、任天堂はポケモンのキャラをライセンス契約で提供しているだけで、ゲームの製作に関わっていません。ポケモンGOをつくったのは、イングレスをつくった「Niantic社」。googleから独立した人たちがつくった会社ですね。
イングレスもGPSを使ったゲームで、移動を促進させるゲームであることから、行政とタッグを組んでイングレスのプレイヤーが「夜回り隊」を兼ねるという現象も発生したけれども、ポケモンGOも、そうなる可能性があるかもしれませんね。
そうなってくると、大阪市内の夜の治安が劇的に変わるような気がします。すでに風景が変わりはじめてるしね。扇町公園はもともとが治安がいい場所なので問題はないけれども、それ以外の場所だと、集客や治安維持のためのツールとして、ポケモンGOは、大きなポテンシャルを秘めてるかもしれません。

ただ、問題視されているように、扇町公園も子ども連れやボール遊びをしている人も多いし、自転車の通行量も多いので、気をつけてね。
あと、虫除けスプレーも必須☆

そうそう、大川沿いの桜ノ宮公園は、ゼニガメの巣ですー。あまり注目されていないので、穴場っぽい。
川沿いの砂浜周辺なんて、ゼニガメ沸きっぱなしですー。