2016年7月25日月曜日

ポケモンGOで扇町公園が聖地になっちゃった

天満は天神祭で沸き返っているわけですが、その一方で、もうひとつのお祭りも。
そう、「ポケモンGO」ですな。





じつは扇町公園がピカチュウの巣になっていて、昼夜かまわず人がワラワラと湧いてきておりますー。
日付が変わったあたりの時間で、これですからね。



ここだけで、僕、レベル7までいっちゃいましたが、なかでも、ピカチュウとドードーの出現頻度高し!です。
扇町公園でウロウロしていると、ピカチュウのレア説が嘘に感じられるほどピカチュウだらけ! 常に沸いてますー。
この、ピカチュウの噂が幅広い層を寄せてつけているような気がします。

さて、ポケモンGOは、任天堂はポケモンのキャラをライセンス契約で提供しているだけで、ゲームの製作に関わっていません。ポケモンGOをつくったのは、イングレスをつくった「Niantic社」。googleから独立した人たちがつくった会社ですね。
イングレスもGPSを使ったゲームで、移動を促進させるゲームであることから、行政とタッグを組んでイングレスのプレイヤーが「夜回り隊」を兼ねるという現象も発生したけれども、ポケモンGOも、そうなる可能性があるかもしれませんね。
そうなってくると、大阪市内の夜の治安が劇的に変わるような気がします。すでに風景が変わりはじめてるしね。扇町公園はもともとが治安がいい場所なので問題はないけれども、それ以外の場所だと、集客や治安維持のためのツールとして、ポケモンGOは、大きなポテンシャルを秘めてるかもしれません。

ただ、問題視されているように、扇町公園も子ども連れやボール遊びをしている人も多いし、自転車の通行量も多いので、気をつけてね。
あと、虫除けスプレーも必須☆

そうそう、大川沿いの桜ノ宮公園は、ゼニガメの巣ですー。あまり注目されていないので、穴場っぽい。
川沿いの砂浜周辺なんて、ゼニガメ沸きっぱなしですー。




ポケモンGOで扇町公園は聖地になるか

天満は天神祭で沸き返っているわけですが、その一方で、もうひとつのお祭りも。
そう、「ポケモンGO」ですな。





じつは扇町公園がピカチュウの巣になっていて、昼夜かまわず人がワラワラと湧いてきておりますー。
日付が変わったあたりの時間で、これですからね。



ここだけで、僕、レベル7までいっちゃいましたが、なかでも、ピカチュウとドードーの出現頻度高し!です。
扇町公園でウロウロしていると、ピカチュウのレア説が嘘に感じられるほどピカチュウだらけ! 常に沸いてますー。
この、ピカチュウの噂が幅広い層を寄せてつけているような気がします。

さて、ポケモンGOは、任天堂はポケモンのキャラをライセンス契約で提供しているだけで、ゲームの製作に関わっていません。ポケモンGOをつくったのは、イングレスをつくった「Niantic社」。googleから独立した人たちがつくった会社ですね。
イングレスもGPSを使ったゲームで、移動を促進させるゲームであることから、行政とタッグを組んでイングレスのプレイヤーが「夜回り隊」を兼ねるという現象も発生したけれども、ポケモンGOも、そうなる可能性があるかもしれませんね。
そうなってくると、大阪市内の夜の治安が劇的に変わるような気がします。すでに風景が変わりはじめてるしね。扇町公園はもともとが治安がいい場所なので問題はないけれども、それ以外の場所だと、集客や治安維持のためのツールとして、ポケモンGOは、大きなポテンシャルを秘めてるかもしれません。

ただ、問題視されているように、扇町公園も子ども連れやボール遊びをしている人も多いし、自転車の通行量も多いので、気をつけてね。
あと、虫除けスプレーも必須☆

そうそう、大川沿いの桜ノ宮公園は、ゼニガメの巣ですー。あまり注目されていないので、穴場っぽい。
川沿いの砂浜周辺なんて、ゼニガメ沸きっぱなしですー。




2016年7月19日火曜日

踊る北区号によせて

7月20日のつひまぶブログです。
梅雨もあけました。
夏です。
祭りです。
祭りといえば、踊りです!


冒頭を飾ってくださった、JUNさん。
豊崎神社の境内で踊っているJUNさんの写真も見どころのひとつです。
そしてそして、「双軸」という考えかたのこと。「循環」ということ。
近年、何かを批判するときによく聞かれる「軸がぶれている」という言葉に違和感のあった私には新鮮で、少し目が開かれたような気さえしたのです。
そのほか、手話エンターテイメントからバレエ、ロイヤルダンスまで。
毎回のことではありますが、特集ページ盛りだくさんです。

地域の伝統を受け継ぐ「龍踊り」「阿波踊り」「エイサー」!
今の時期、お祭りで見る「龍踊り」はもちろん、徳島の「阿波踊り」や琉球の「エイサー」まで北区で見れちゃうんです。ここはどこ?
徳島や琉球、その踊りが生まれた地域を超えて、時代を超えて、いろんな踊りがキタに伝わって、広がって、親しまれていました。その度合いはとても強くて、「踊る北区号」が動き出したときに想像していた以上のものでした。踊りのルーツやキタとのつながりをうかがっていると、キタっていろんな踊りの本場なんだと思わずにはいられません。

個人的なことを言うと、私は踊ったことがありません。小学生まで地元のお祭りに参加していたくらいで、あとは学校で習うダンス程度。あるバレリーナが「踊ると身体が喜びます」と言っていました。それがずっと心に残っていて、踊るってどんな体験なんだろうと思っていました。
今号は、そんな私が、踊るって???を、実際に踊っている人に話を聞いてみたい!思ったことから始まりました。その動き出すきっかけを作ってくれた人が、「彼女とキタのラブストーリー」に登場いただいた、田中千晶さんです。
バリ舞踊と地車囃子。
私のように踊らない人は全く踊らないのに、踊る人は、いろんな踊りをやっている。
千晶さんの踊る姿を見て、「踊りが好きなんでしょ」と一言で片付けられないものを感じたのです。
誰に言われたわけでもないのに、踊る。
人生をかけて、踊る。
いろんな思いを語ってくださいました。

踊ることに魅せられた人たち。踊る熱に浮かされた人たち。
その姿に魅せられます。
お話をうかがって、ますます。
そんな素敵な人たちをこれからも、キタのあちこちで見られる幸せを感じています。


そして、最後はやっぱり「北区いきいき音頭」。
若柳流 若柳吉綾武先生による振り付けの写真つきです。
私も、私と踊りをつないでくれるのは、これなんじゃないかと思っているのです。
密かに。

踊ることが人生の一部になっている人も、そうでない人も。
ぜひお手に取ってみてください。
踊りだしたくなりますよ。


2016年7月11日月曜日

つひまぶ「踊る北区号」発行・配布開始しました。

梅雨の最中ですね。とても暑い日が続いたり、じめじめした日が続いたりと天候が安定していませんが、体調など崩されていませんか?

こんな梅雨模様の中、つひまぶ最新号「踊る北区号」が発行されました。
今回は「踊る人々」に焦点を当てて、北区の中でさまざまな活動をされている方々に取材させていただき、多角的な「踊り」を記事にしました。

そのなかで、わたしは創作エイサーチーム「やぁにんじゅ太鼓*OHANA*」の記事を担当しました。
そもそも「エイサー」というものを、琉球音楽?程度にしか理解していなかったわたしには、ある程度の下調べをしてから取材に向かったのですが、
京セラドーム大阪で行われた、
第11回「かごしまファンデー」で踊りを堂々披露
チームリーダーに話をうかがう内に、ひと言では語れない琉球の歴史や背景を目の当たりにしたのでした。
そのなかで、エイサーですそ野を広げて、沖縄諸島からの移住者が比較的多い大阪で仲間を増やしたいという思いで活動を続けています。

比較的、エイサーチームでは出身地や性別、年齢制限などでメンバーを限定することもあるそうですが、このチームは同じ思いを持っている仲間と、エイサーで一体感を味わいたい!という考えから、すべてを問わないんだそうです。
年齢層を分けた振付けなども考案。練習の際に全員に展開することで、無理そうな振付けがあれば、随時変更して練習から一体感を導き出します。

老若男女が観客を魅了するために日々練習を重ねている姿は、ただただバイタリティに溢れ、太鼓の音も心に響きます。
最近、めっきり運動不足のわたしが参加したら、すぐにギックリ腰にでもなってしまうんじゃないか?というくらいです。
日ごろの大変な練習があるからこそ
観客を魅了して感動させられるのですね
真剣な練習風景の中で取材をさせていただいたことで、いろんな話が聞けたことだけでなく、ライブでエイサーを見られたことにより、個人的に興味が湧いてきたのでした。

こんな記事をはじめ、各編集員がさまざまな北区の踊りを取材して完成した「踊る北区号」は、北区役所をはじめ、大淀コミュニティセンターや配架協力をいただいているお店などで配布しています。
ぜひ手に取って読んでみて、北区をもっと深く知ってもらえるとうれしいです。


2016年7月4日月曜日

7月7日は大川へ  平成OSAKA天の川伝説2016


7月に入り、暑い日々がつづきますね。
こんばんは。ヨリトモです。

今日はこの季節の風物詩となった水辺のイベントのご紹介。

天満橋という地名の由来は、
『天に星満る』ほど夜空が美しかったことから来ているのだとか。

今では満点の星空は見ることが難しいですが、、、
「現代の天の川を川面に」との思いからはじまった「平成OSAKA天の川伝説

LEDを光源とする「いのり星®」によって、
大川が天の川となる。
そんな、幻想的な景色を天満橋から北浜周辺で楽しめます。

ブルーのLEDライトが川面に。

天神橋界隈は本当にきれいですよ~☆


いのり星放流券を購入すれば、「いのり星」を放流でき、
「特製短冊」に願いを書けば、後日、大阪天満宮、生國魂神社に奉納されるそう。
☆いのり星®放流券+特製短冊付(大阪天満宮、生國魂神社に奉納)
 前売 ¥1.200  当日 ¥1.500(各税込)

その他、音楽ステージや「天の川伝説落語会」、「大阪七夕バル」など
周辺エリアで楽しめる関連イベントも充実してますので、
77日の七夕には、ぜひ天満橋、大川界隈へ~☆

平成OSAKA天の川伝説2016
日時:201677() 
・午後6時開場/放流時間 707900
場所:大川:天満橋~北浜周辺

詳細は下記URLをご参照下さい。