2016年5月30日月曜日

緒方洪庵の妻・八重



緒方洪庵といえば適塾。
幕末には、爛熟の元禄期を経たあとにやってくる憂いというか、ある種の閉塞感があって、そのせいで未来を憂う気分があちこちにあったように思います。なんとなく、今の時代に似ているような気もするのですね。
そのせいで、あちこちで私塾ができています。
松下村塾とかもそうだし、大阪では大塩平八郎も私塾をつくってましたな。

適塾も、そのひとつ
今回は、緒方洪庵のお墓です。
墓所は、北区内のお寺さんストリート、かつての寺町、現・同心町にある「龍海寺」。




近くに、こんなのがありました。これで、このあたりがかつて寺町だったことがわかりますね。




洪庵は、晩年、幕府の要請により、江戸で奥医師をしていて、そこで亡くなっているので、じつは東京にもお墓があります。
まあ、有名人は、あちこちにお墓がありますからな。
大阪の龍海寺は、元々が緒方家の菩提寺で、奥さんの八重さんのお墓もこちらにあります。

お寺さんの門前には、「緒方洪庵墓所」とだけ刻まれた碑が建てられてるんですが、むしろ、八重さん、せめて洪庵と併記にするべきやと思いますわ。
それくらい、八重さんの功績もデカい。
八重さんは、それこそ内助の功で洪庵を陰から支えた人です。
七男六女をもうけて育児に追われる一方で、洪庵の事業のために実家から仕送りの工面をしたり、熟成の面倒もちゃーんと見てはったお方です。
適塾の大部屋にある刀傷を見てたら想像できるけど、塾生って、みんな血気盛んなんですよ。まあ、福沢諭吉みたいなガンコで短気な人がいてたことからも、それは容易に想像できるけど。
そーゆー人たちを上手いことコントロールしながら、洪庵の事業のために金の工面をし、育児から家事からやってのけるって、並大抵のことではないと思いますけどね。

姉御肌でね、福沢諭吉は、彼女のことを、私のおっかさんのような人で、非常に豪気な人と評してます。
佐野常民は、適塾で受けた恩義が忘れられずに、八重さんの墓碑銘を書いてます。

その八重さんが亡くなったのは、洪庵が亡くなってから何年も経ってのことだけれども、彼女の葬儀には、門下生から政府関係者から在野の名士から一般人まで2000人が参列したといいます。
普通、ダンナの威光なんて、旦那が亡くなって数年で消えてしまうもんです。でも、彼女は違った。彼女自身が、慕われていたからこそ、です。
葬列の先頭が日本橋に差し掛かっても、彼女の棺は、2.5km離れた北浜の自宅からまだ出てなかったといいますから、とんでもないです。

話は変わって、もひとつおもしろいのは、ここには大村益次郎の墓もあります。
墓といっても、足塚。要するに、大村益次郎の切断された右足が、洪庵夫妻の墓の隣に眠っているそうです。
足をね、洪庵の墓の傍に埋葬してほしいという、大村益次郎たっての遺言やったそうです。

司馬遼太郎が、軍神といわれた大村益次郎を題材に「花神」を書いてます。
そこには、
この足塚は、政治的狂人が墓を暴くかもしれないという危惧から、ずっと内密にされてきた。昭和12年に記録が発見されるまで、寺の住職さえ知らなかった。
昭和15年ようやく碑がたてられるにいたったというのは、見方によっては、思想というこの有毒なものが無毒になるにはそれだけの歳月を必要とした、ということもいえるかもしれない。
と、書かれています。
司馬らしい記述ですね。

訪れたときは、お寺の方がどなたもいらっしゃらなかったので、境内に入ることはできなかったけれども、またいつか、機会を見つけて詣ってみたいもんです。


横へまわってみると、まあまあデカいお寺さんです。