2016年3月21日月曜日

まだまだ続く、「あさが来た」フィーバー

さて、3月ももう下旬の祝日、いかがお過ごしでしょうか?
3月が終わるといえば、連続テレビ小説が終わる時期でもあります。
ということは、これからが「あさが来た」のクライマックスであります。
私も連続テレビ小説は20年くらいは見続けているので、今回も普通~に見ていたのですが、今回「つひまぶまち歩きツアー」を同行して、いろいろ物語に背景があるのだなぁ、と妙に感心してしまいました。

それ以上に、街中にいろいろな変化が起きていました。
大同生命大阪本社の前で慌ただしく工事をしていたため、なんだろうなと思っていたところ…。
急ピッチで工事を急いでいた先には…
 大同生命大阪本社は、加島屋があったところ(ドラマの設定は加野屋)だったのですね。石碑を設置する工事でした。
この時期に慌てて工事をするということは、大きな反応があったんでしょうね。
画面中央に「加島屋本家」の文字が!
また、大同生命大阪本社では、特別展示「大同生命の源流 ”加島屋とと広岡浅子」展がおこなわれており、予定では3月31日までのイベントだったのですが、いつの間にか9月30日まで会期延長になっており、やはり大きな反応があったのでしょうね。
会期中は無料で入場できます
まじまじと眺める機会がなかった大同生命本社ビル。阪神高速を走っていると、変わったビルだなぁ、程度にしか思っていなくてすいませんw。
よくよくみると、いい恰好のビルです。
大同生命大阪本社2階で
特別展示開催中
 また、市バスでは4月2日まで限定で、特別展示「大同生命の源流 ”加島屋とと広岡浅子」展のラッピングバスが運行中です。
ラッピングバスって、広告面積が大きい分
しっかり見てしまいます
もうすぐクライマックスを迎える「あさが来た」は、ますます盛り上がっていますよ。