2016年3月28日月曜日

マチオモイ帖2016@メビック扇町、3月29日までです。 急げー!




ども、編集長のルイスです。
メビック扇町で、「my home town わたしのマチオモイ帖」2016年 大阪展が開催されています。
つか、3月29日(火)までなので、もう時間がありません! 告知が遅くてすみません。

http://www.mebic.com/event/5520.html

マチオモイ帖は、2011年の東日本大震災の年に生まれました。故郷を思う一冊からはじまり、日本各地のクリエイターが、思い思いに、それぞれの手法で、自分の生まれ故郷や根ざしているまちを紹介する冊子です。
自分だけの視点で表現するマチオモイ帖は、単なるガイドブックではなくて、そのまちにある無限の価値や人のつながりが見えてくるものばかりです。

ひとつひとつを手にとって見ていると、クリエイターが、対象物(まち)に向けての愛情を表現したものになっていることが、よくわかります。

「クリエイターが社会に対してできること」。
これが、プロジェクトの、マチオモイ帖のコンセプトになっています。
なっているのだけれども、そのじつ、これらの作品で表現されているものは、クリエイターが社会に対してできることではなく、その裏返しの、「クリエイターが社会からもらったもの」が、表現されているのですね。
このまちから、こんなにもでっかい愛情をもらった、それを表現することで、社会に対してなにかを返していく。そんなふうに、言い換えることができると思います。

震災からこっち、家族や友だち、地域とのつながりなど、自分を育んできた大切なものをあたらめて見つめ直す動きは、ずいぶんと活発になってきました。このプロジェクトも、そんななかで大きくなってきたものだと思います。

そんななか、思うことは、
マチオモイ帖のように、自分のまち、足下に目線を向けることは、とりもなおさず、自分自身の内側を見つめることなのだ、ということです。

自分の目線でまちを紹介するということは、現在の自分をかたちづくってきたものを紹介することにほかならず、そう考えると、これらの作品はすべて、「僕はこのような人間なのです」と、自己紹介をしているのだ、と。
そうすることで、自身が何者であるのか、という問いに自身が答え、その先に、「クリエイターが社会に対してできること」があるのだ、と。

その意味でも、このプロジェクトは、自身へ問いを向ける、いいきっかけになると思います。
そして、そうした試みは、なにもクリエイターの専売特許じゃない。まちに暮らすひとりひとりすべてがマチオモイ帖をつくったら、とてもおもろいやろな、とも。

振り返ってみて、
つひまぶもまた、ほぼおなじような構造でつくられているような気がします。
キタの魅力を紹介するのが「つひまぶ」の役割ではあるのだけれども、それは裏を返せば、現在の僕をかたちづくってきたものがなんなのかを紹介しているにすぎない、とも思うのです。
その意味では、つひまぶは、きわめて個人的な、私的なメディアであるとも言えるのだけれども、作り手の顔が見えるメディアは、個人的な動機なくしては存在し得ないだろうし、それはそれでいいことにします。

マチオモイ帖。
北区を舞台にしたものも、たくさん出品されています。
展示期間は残り少ないですが、ぜひぜひ、覗いてみてください。
いろんな発見があると思います。














2016年3月24日木曜日

春にも大川で日の出が見えるかも!?と思って行ってきました

毎年10月の初め頃に、大川の真ん中から日の出が見えます。
お船が出たりしていることもあって、その時期、淀屋橋は日の出を待つ人でにぎわいます。
秋に見えるなら春にも見えるのでは?
もし見えるなら、秋より人も少ないだろうし、空の感じも違うかもしれない。
寒さもやわらいできたし、最近天気もいいことだし、ちょっと行ってみよう!

と思いつき、行ってきました。
調べると、日の出は6時ジャスト。
雲ひとつない快晴。
絶好の日和。
ワクワクしながら向かいました。

当日見た景色はこちら!





































ずれてる!!!

でも、1日のはじまりに日の出を見て、だんだんと動きだすまちの雰囲気を味わうのも楽しいものです。
そのまま、中之島散歩もぜひ。
周辺にはモーニングをしているお店もたくさんあります。早起きをして、散歩して、いつもと違う朝ごはん。それだけで、なんだかいい1日になりそうですね。




2016年3月21日月曜日

まだまだ続く、「あさが来た」フィーバー

さて、3月ももう下旬の祝日、いかがお過ごしでしょうか?
3月が終わるといえば、連続テレビ小説が終わる時期でもあります。
ということは、これからが「あさが来た」のクライマックスであります。
私も連続テレビ小説は20年くらいは見続けているので、今回も普通~に見ていたのですが、今回「つひまぶまち歩きツアー」を同行して、いろいろ物語に背景があるのだなぁ、と妙に感心してしまいました。

それ以上に、街中にいろいろな変化が起きていました。
大同生命大阪本社の前で慌ただしく工事をしていたため、なんだろうなと思っていたところ…。
急ピッチで工事を急いでいた先には…
 大同生命大阪本社は、加島屋があったところ(ドラマの設定は加野屋)だったのですね。石碑を設置する工事でした。
この時期に慌てて工事をするということは、大きな反応があったんでしょうね。
画面中央に「加島屋本家」の文字が!
また、大同生命大阪本社では、特別展示「大同生命の源流 ”加島屋とと広岡浅子」展がおこなわれており、予定では3月31日までのイベントだったのですが、いつの間にか9月30日まで会期延長になっており、やはり大きな反応があったのでしょうね。
会期中は無料で入場できます
まじまじと眺める機会がなかった大同生命本社ビル。阪神高速を走っていると、変わったビルだなぁ、程度にしか思っていなくてすいませんw。
よくよくみると、いい恰好のビルです。
大同生命大阪本社2階で
特別展示開催中
 また、市バスでは4月2日まで限定で、特別展示「大同生命の源流 ”加島屋とと広岡浅子」展のラッピングバスが運行中です。
ラッピングバスって、広告面積が大きい分
しっかり見てしまいます
もうすぐクライマックスを迎える「あさが来た」は、ますます盛り上がっていますよ。




2016年3月18日金曜日

本当に当たるんだ!ビルボードライブ大阪アンケートでライブ招待券★

今日は少し春めいた日和で
もう寒くならないで〜と。
願いながら、春を待ちわびております。
こんばんは。ヨリトモです。

上質な空間で音楽を楽しめる、ビルボード大阪。
ハービスPLAZA ENTにあって、
大人の上質な空間でライブを楽しみながら食事も楽しめます。

海外のアーティストなども、大箱ではなく、
近い距離でライブを楽しめるので、
好きなアーティストのライブをめがけて、
年に数回は利用しています。

ライブに行くと、来場者アンケートがあって、
「抽選でチケットプレゼント」と明記があるのですが。

「こんなん、ほんまに当たる人いるんかな〜」と思いながら、
時間がある時には書き込んでいました。

先日、ポストを開けると、ビルボードから郵便物が。
なんだろ?と開けてみると、“アンケートご招待券”が!



こんな類のものに当たったことがなかったので、
とってもテンションが上がってしまいました!

当たったライブは知らないアーティストのものでしたが、
ライブチャージは無料。と言うことで、
平日でしたが、繁忙期の気分転換!ということで行ってきました。

たまには平日にゆっくりご飯食べながらライブもいいもんですね。

アンケート招待券は本当に当たるもんなんだ!と分かったので、
今回ももちろんアンケート記入しました。笑

みなさんもライブにお出かけの際は、
ぜひ、アンケートに答えて、果報は寝て待ちましょう♪


ビルボードライブ大阪
大阪市北区梅田2丁目222号 ハービスPLAZA ENT B2
平日:11時~22
土・祝、平日特別営業時間公演日:11時~20
平日休演日:11時~19
定休日:日曜


2016年3月15日火曜日

大人気の五代さまは、亡くなったとき現在の大阪市北区の住民だった!


朝ドラ人気衰えませんね~その中でも、特にクローズアップされた人物は五代友厚さま。

五代友厚さまは大阪の大恩人であるにも拘らず、これまで脚光を浴びることが少ない人物のひとりです。証券取引所の前で堂々と立っている銅像も今までは素通りが多かったのですが、朝ドラの大ブレークでカメラを構える人が後を絶ちません。
大同生命の展示だけでなく、旧証券取引所の展示にもたくさんの人が訪れているそうです。そう、ここには五代友厚さまの直筆署名があるのです。
旧大阪証券取引所5階展示室へどうぞ!(平日ならどなたでも閲覧できます)

五代さまは薩摩藩士、大阪に来てからは現在の中央区・西区で転々と引越を繰り返しています。明治82月の大阪会議前には、靭公園にある科学技術館のあるところに屋敷がありました。親友大久保利通や木戸孝充もよく訪れて、明治7年暮れには泊まり込んで策を練っていたとも言われています。
テレビの五代さまは、女性の影が見えないほど仕事だけの方に描かれていました。実際は昔の殿方ですから、奥様はもちろんお妾さんもいらして大変なモテ男だったようです。
官吏を捨てて大阪を立て直すために活動したことはテレビのとおり、商工業発展と信用構築を大事にしたことは有名なお話です。
初代大阪税関官吏時代はあまりのきびしい取り締まりの結果大阪には寄港する船舶は減少、神戸の荷扱いが増えることになり、これが今日のみなと神戸という第一歩のようです。

西の五代、東の渋沢言われ、経済では力を発揮しました。
五代さまが基礎を築いた会社がたくさんあります。
一大コンツェルンを築いた三井・住友・三菱は財閥解体後も延々として残って名前が語り継がれました。
五代さまは私利私欲を持たず、亡くなったときには借金200万円が残っていたということが今まで彼が埋れてきた由縁ではないかと思います。

糖尿病の治療に東京に向かったのはドラマの通り、亡くなる少し前、明治18年に薩摩から大阪北中之島1-26に戸籍を移しています。ほとんど住むこともなく、ドラマのとおり糖尿病の治療のため東京に向かい亡くなりました。
葬儀は島原藩屋敷跡の自宅で盛大に行われ参列者は4300人に及び、阿倍野墓地までの葬列はすごいものだったそうです。
東京の病院で息は引き取りましたが、現北区中之島の住民として亡くなりました。
赤い四角で囲んだところが五代さまの屋敷があったところです。

幕末の大阪の荒廃を憂いて立ち上がった五代さま、薩摩人の熱い思いで今日の大阪の基礎を作ったことを忘れてはいけないと思います。

2016年3月10日木曜日

昭和49年、宝くじ売り場の行列は百貨店を取り囲むように3周分


ども、編集長のルイスです。

珍しい写真をいただいたので、おすそわけ。
昭和49年12月発売の第113回全国自治宝くじ発売のときの、梅田での売り出しの様子。
昭和49年12月21日の風景ですと。
1等前後賞合わせて、2000万円。夢を求めて、阪急百貨店を取り囲むように、3周分の行列ができたそうです。
宝くじ売り場は今ほどはなくて、梅田は1等が出るとのさして根拠のない期待込みの思い込みに加えて、なんの行列かわからんけどとりあえず並んどこか!みたいなものまであって、行列は瞬く間に長大なものになったのだとか。
この売り場は、現在の、大阪駅前第3ビルと第4ビルのあいだの特設売り場へと引き継がれていきます。

百貨店はバーゲンセールの真っ最中。でも、こんな状態では百貨店にはお客は入ってこないわけで、百貨店の店員が宝くじ売り場に怒鳴り込んできたとか。まだ、警備がどうとか、そういう時代でもなかったでしょうから。
という、貴重な写真です。

2016年3月7日月曜日

大丸梅田店にヴィタメール ショコラバーがオープンしました

ちょうど5日前の3月2日、大丸梅田店の地下1階西、お菓子売り場の奥にヴィタメールショコラバーがオープンしました。

もちろん、チョコレートやケーキ、ギフト商品の販売スペースもあります。
イートインスペースは14席。カウンター席のテーブルは奥行きがあり、圧迫感はありません。
少し高い椅子で足をぶらぶらさせていると、子どものころおやつを待っていた気持ちになります。

こちらでいただけるチョコレートドリンクはあたたかいものと冷たいものがあります。
あたたかい方だけで3種類。カカオ豆の違いが楽しめます。
冷たい方はさらに種類がありました。

選んだものは冷たいデザートドリンク。
まろやかなクリームは控えめで、ひんやりとしたチョコレートとオンレジが香ります。


もう少しボリュームがほしい方には、こんなパフェも。
チョコレート尽くしのパフェ。ちいさな紙コップでレモン水が添えられるのも心遣いですね。


ヴィタメールは1910年ベルギーの首都ブリュッセルで創業。
長年ブリュッセルに1店だけでしたが、1999年に2号店を日本で出店しました。
神戸にカフェがありますが、大阪に数々ある店舗のなかでも、イートインがあるのは大丸梅田店だけです。ここでしか味わえないヴィタメールをぜひ!!


ヴィタメール 梅田大丸店
大阪市北区梅田3−1−1 大丸梅田店 地下1階西 ごちそうパラダイス


2016年3月3日木曜日

天満駅にひっそり佇む御神輿

まだまだ朝晩寒いですね。
私の職場でもインフルエンザで休む人が最多で、今さらながらの猛威に驚いています。
みなさんも気を付けましょう!
とにかく寒い!もうこんな低い気温も最後では?
さて、今日は「天満駅にひっそり佇む御神輿」ということで、天満駅にやってきました。
相変わらず乗降客が多い駅ですよね。
改札を入って左手に、その御神輿は展示してあります。
案内看板をよく読むと、天神橋筋4丁目北商店会が所有(奉仕?)しているそうで、天神祭の時以外は、この場所で展示してあるそうです。
平成24年に新調されたそうです
説明文を読むと、24日に大人神輿の宮入りをするそうですが、25日は子供神輿の宮入りをするんですね。午前中みたいですけど。
3日間のスケジュールがしっかり書かれています
商店会でも奉仕する天神祭の偉大さに改めて感心させられる展示でした。
でも、地元のみなさんは展示が当たり前すぎて、素通りする人ばかりでしたが…。