2016年2月26日金曜日

中之島には東洋初が2つある!

大阪は初が好きなところ、シャープペンシル・クレパス・カッターナイフ・ビアホールなど、日本初がたくさんあります。あさが来たのドラマにも出ていたビールは、日本人の手で初めて作った国産ビールで北区堂島で作られました。
中之島には日本初どころか、東洋初が2つあります。
中之島の大阪市立科学館、2つともここにあるのです。
カールツァイスⅡ型、日本初のプラネタリウム映写機
1937年に大阪市が東洋で初めてドイツのカール・ツァイス光学会社から購入、西区四ツ橋にあった大阪市立電気科学館で19895月まで投影されていました。
恒星だけでなく太陽・月・惑星まで投影して、日本だけでなく地球の裏側や時空を超えて未来の夜空を再現できる、当時では最先端の映写機でした。
このプラネタリウムに毎日のように通ったのが、漫画家の手塚治虫先生です。ここで宇宙への夢を描いて育った手塚少年は漫画家になって、あの鉄腕アトムを生み出したのです。
カールツァイスⅡ型について、詳しくは下記HPをご覧ください。
もうひとつは、日本初のロボット「学天則」
1928年昭和天皇即位を祈念した大礼記念京都博覧会に、大阪毎日新聞が出品した東洋初のロボットです。
制作者は西村真琴という毎日新聞論説員、ロボット工学の専門家ではなく阿寒湖のマリモ保護に尽力した生物学者です。
現在展示されている学天則は、写真や資料を基に大阪市立科学館学芸員の手で復元されもの、人種差別を超越するため世界各人種の特徴を混ぜ合わせて造られた上半身、左手には霊感灯(インスピレーションライト)、右手には鏑矢のペンを持ち、顔はゴム製で、圧縮空気を使って動きます。復元されたものはコンピューター制御になりました。

学天則とアトムに通じるものは、ロボットを機械としてとらえるのではなくより人間に近いものとしてとらえる点では同じかと思われます。
大阪市立科学館はそのどちらにも関係するスポットなのでした。

2016年2月22日月曜日

さよなら、オットーシューズ

ども、編集長のルイスです。

2月20日、「もうあかん やめます!」の垂れ幕でおなじみだった西天満の名物靴店「オットーシューズ」が、ついに閉店してしまいました。



ほんまに閉店するんか? やっぱりせーへんのんとちゃうか? と、情報は錯綜し、さまざまな憶測が流れるなか、やっぱ、今回はほんまに閉店やったみたいです。
閉店する!の一報が流れてから、いろんな人が訪れて、こんなに売れるんやったらやっぱり閉店はやめとこかなー、なんて店主のつぶやきもあり、この1ヶ月くらいの騒ぎは、なかなかおもろかったですね。







最後は、変な古着まで売られる始末で、なっかなかのカオス状態(笑)



店主の竹部浅夫さんが体調を崩されて、店頭に立ち続けるのが難しくなったんやそうです。足、めっちゃ痛いらしいです。腰も痛いらしいです。
竹部さんは尼崎のご出身で、靴の小売店で働いたのちに、昭和52年に独立。商店街ではなく、あえてビジネス街の西天満に店を構えたのは、他店との差別化を図るためやったとか。ドイツの通販会社「オットー」の創業者が靴職人だったことにあやかって、「靴のオットー」(「オットーシューズ」は俗称ですねん)と命名されたお店です。
シークレットシューズで人気があった店だけれども、この店を一躍有名にしたのは、人を食ったような、数々の垂れ幕です。
バブル後の不況で客足が激減し、「もうあかん。どないしよ」と不安でいっぱいになり、そんなありのままの思いを垂れ幕にしてみたのが最初。
これが人気を呼んで、いかにも大阪的なユニークな店として、さまざまなメディアに取り上げられます。

以後、垂れ幕は、調子に乗ってたくさんつくられ(笑) 世相を反映したタイムリーなものも出てきます。

「フセインさん もうやめてぇな」
「もうあかん やめます!」
「飲酒運転はやめましょう。靴はいて歩きましょう。」
「格差社会を是正せよ。身長の格差は当店で。」
「倒産(とうさん)セール! もうすぐ父の日だけにね!」
「横綱も、この店も、土俵際。シュート決めるな、覚悟を決めろ。」
「売り靴し!(※「靴」の字が逆さまにプリント) 逆さにしてもシャレしか出まへん。広告予算縮小中。」
「いややっぱり やります! どっちやねんセール」

だいたい、垂れ幕だけではなくて、店主の竹部さんこそが、なかなかのヘンコなオヤジさんで、サイズの違う靴を平気で売りつけてましたからね。25cmのサイズを買いに来てるお客に、「23cmしか残ってないし、安くしとくからそれで我慢してー」なんて言うてはりましたわ。「カカト踏んだらえーやん!」とか(笑)
それでも、竹部さんは、愛され続けましたな。なんとも言えん、とぼけた味があったのでした。

その証拠に、ほんまにやめる閉店セールは、ちゃんとした閉店セールをやって、世間にちゃんと覚えといてもらわんとあかん!ということで、応援隊が結成されて、その人たちが音頭をとって、最後の閉店セールが実現したのでした。
最後の方は靴も仕入れていなかったので、売る靴がなかったのに、付き合いの古いメーカーさんが委託販売で商品提供もしてくれました。




(ほんまの)閉店セールでは、お客さんに、どこから来たのかアンケートをとり、マッピングされた図が掲げられていました。
関西のみならず、北海道から来られた方もいて、なんちゅーか、ちょっとびっくりしましたな。



歴代垂れ幕の文言も掲示されました。




おもろかったのは、「あなたは閉店を信じますか?」のアンケート。信じてない人の方が多いという(笑)もちろん、僕も、信じてない方に回答しましたが。。



応援隊の自我爺山(じがじいさん)筆によるマンガ「もうあかん やめます」も出現しました。
閉店までの顛末がコミカルなタッチで描かれた、さよならマンガです。通しナンバーが打ってあって、僕のんは「 13」でした。
これ、投げ銭で、売り上げは全額、店主の竹部さんへのお餞別になるんやそうです。




2月20日、ほんまに閉店。
でも、数少ないシークレットシューズ販売店としては、この靴を切実に欲しがっている人のためにも、ネット通販で販売するとのことです。

シークレットシューズ(オットーシューズではアップシューズって呼んでました)って、こんなんね。
靴底が上げ底になってるんです。でも、外から見てるとわからないというスグレモノ。



最後の日は、あいにくの涙雨。それでも、めざましテレビなんかの全国ネットのマスコミもたくさん取材に訪れて、にぎやかなフィナーレとなりました。
テレビ、新聞にも、めっちゃ出ましたな。





「ほんまに」閉店した翌日、念のために、店に行ってみました。どうやら、本当に閉店したようです。


39年の長きに渡った名物店の灯が、またひとつ消えたのでした。
合掌。

2016年2月18日木曜日

じわじわ浸透、まちともサービス

実は、利用する人が増えてサポーターが足りないんです、とうかがったのは最近のこと。
そんなに浸透しているとは知らなかった!のですが素敵なサービスだと思うのでご紹介したいと思います。



「まちともサービス」は、北区社会福祉協議会の活動のひとつで、サービスを受ける人と、サービスを提供する人をつなげる仕組みです。
サービスは、例えば、高齢者が病院に行く付き添いだったり、ケガをした本人に代わってペットの散歩に行ったり、掃除や洗濯といった家事の援助だったりします。一時的なものから、定期的なものまでさまざまあります。ちょっとした困りごとって意外とよくありますよね。

サービスを受けれる人は、区内に住んでいる人で、高齢者や障がい者、産前産後が子育て中の人、病気やケガで援助を必要とする人、福祉サービスを必要としている人。
サービスを提供する人は、地域福祉に理解があり、サービスを提供できる人。
とされています。
もちろん、介護保険法や障がい者総合支援法、ファミリーサポート事業によるサービスが優先ですが、それだけでは補いきれないときに利用できる、こころ強いサービスです。

「でも、サービスを利用しようと思っても、全然知らない人に来られても不安」
という声も聞こえてきそうですが、この「まちともサービス」では、サービスを利用する前に顔合わせがあります。サービスを提供する人は養成講座の受講もあります。
その安心感からか、最近では定期的に利用する人が増えているのだそうです。

サポートを利用する人も、提供する人も年会費は1000円。
利用料は1時間/500円。30分未満/250円。
謝礼金は1時間/500円。
つまり、サービスを利用する人から利用料といただき、サービスを提供する人に謝礼金として支払うということ。
明瞭ですね。

興味がある方は、まずはご相談を。

大阪市北区社会福祉協議会

2016年2月15日月曜日

市役所周辺は路上駐輪禁止

2月も中旬になり、寒い日と暖かい日が混じり合ってきました。
でも周囲はインフルエンザが猛威を振るっているので、気を付けましょう。

さて、今回のタイトル「市役所周辺は路上駐輪禁止」です。
中之島周辺、すっかりきれいな街並みになり、自転車でのんびりお出かけなんてことも多いのでしょうが、わたしはあまり自転車で行かない地域でした。
川沿いを自転車で走るのは爽快ですよね!
このたび、つひまぶツアーに参加するため、集合場所の市役所まで自転車で行ったのですが、当然ながら周囲に駐輪場がない!ということに気付くのです。
図書館にも駐輪場が用意されていません
図書館の案内板を見ると、この場所の「駐輪禁止」とともに、駐輪場案内がしてありました。
周囲を見渡すと、堂山や天六などの駐輪の無法地帯と違って、誰一人路上駐輪をしていませんでした。これだと、駐輪したくてもさすがに躊躇しますね。
すばらしい景観です。
ということで案内された駐輪場は、なにわ橋駅の地下駐輪場でした。 
京阪なにわ橋駅直結!となっています。
最初の60分は無料で、以降24時間で150円という、駐輪場相場並みの値段です。
地下までスロープで下っていきます
ちなみに土曜日だったからかもしれないですが、午後の駐輪率は1/3くらいでしたので、満車の確率も低いと思います。

これで、中之島まで自転車で来ても思う存分遊べますね!

2016年2月8日月曜日

つひまぶまち歩き、恐るべし朝ドラ効果!


いまをときめく人「廣岡浅子女史」、縁の地、関係する人々を巡るツアーです。
朝ドラが始まるまで彼女の名前を知る人はほとんどなく、大同生命ビルさえ知らない人が多かったと思います。
私も中之島のまち歩きで廣岡浅子女史ことを言っても反応すらなく、近代建築では芝川ビルや生駒ビルでは反応があっても、旧大同生命ビルのテラコッタの案内をしてもそれほどの反応はありませんでした。
 
今回のツアーは反響が多く、32名ものご参加をいただきありがたいことです。
 

まち歩きをしていてもこの旗の力は大なりでした。振り返ってみる人や「あっ、あさが来た」という人、もちろん指さす人も。。。恐るべし朝ドラ効果!
 
今までほどんど知られていなかった大同生命展示室も入りきれない人が来ています。
この様子をお浅さまが見たら「びっくりぽんや!」というでしょうか?
 
つひまぶまち歩きはもう1回行います。 2月27日13時~大阪市役所前集合
朝ドラも新しい展開になって来ています。
 
ここに関係する人もそろそろ登場するようです。新しい局面になる話題も入れてお話します。
前回参加された方、もしくは大阪あそ歩で来られた方も違うお話が出てきますので、ご期待下さい!

 
 五代さまファンの方には大阪にある五代さま像5体の内、2体の五代さまに会いに行きます。

さあ、2月27日にはどのような展開になっているのでしょう。私もワクワクです。
前回同様たくさんの方々のご参加お待ちしておりま~す。

番外編、この方をご存じの方おられますか?
まち歩きにお越しください、ご説明いたします。(*^_^*)

2016年2月4日木曜日

大都会・キタでは節分の行事がいっぱい☆

ども、編集長のルイスです。
昨日は節分でした。
みなさん、海苔巻きは食べましたかー?
ここ数年は、なんでも巻いてしまえ!ってかんじで、松阪牛のローストビーフ巻やらロールケーキ巻とかなかなかのカオスっぷりになってますが、僕は毎年、天神橋筋商店街の6丁目、寿司ロードにある「すし政」さんで買います。
上巻400円。ハーフサイズだけれども、鰻やらマグロやら、いろいろと豪華なものが巻かれています。
毎年、結構な行列ができます。その行列のなかで、知り合いとバッタリとか、いろいろあります(笑)



そのあとは、長柄中にある南長柄八幡宮さんへ。
こちらは普段は無人の神社なのだけれども、この日だけは、豊崎神社から宮司さんが来られ、氏子さんたちもたくさん集まって、お神楽が賑々しく繰り広げられます。




豊崎神社にある鯛みくじも、このときばかりは南長柄八幡宮にも置かれます。
鯛を釣り上げるおみくじは、他所にはない楽しみがあります。



続いて、露天神社。
ご存じ、お初と徳兵衛のお初天神です。夏の例大祭と並んで、節分祭がとても賑わいます。
お初天神通り商店街に鬼が来ます。



神社参集殿にて追儺式(まめまき)がおこなわれ、参拝者には、お神酒、ぜんざい、うどんが振る舞われます。
振る舞いには長蛇の列ができて、すごい人です。
夏の例大祭でおなじみの地車囃子の奉奏とともに、龍踊りも。






このあと福豆撒与があるんですが、今回は次があったので、見ることができませんでした。残念!すごい人が集まって、盛り上がりまくるらしいです。

キタは大都会ではあるけれども、お初天神、南長柄八幡宮のみならず、有名な堂島薬師堂のお水汲み、天満宮でも節分の行事が行われます。
どこも賑わいがすごくて、とても楽しいので、行ったことない人は、来年行ってみてください。
きっと、ハマりますー。

2016年2月1日月曜日

進化を続ける梅田のバレンタインフェア

2月最初のつひまぶブログです!1月30日には初めてのつひまぶ主催のまち歩きもありました。
ご参加いただいたみなさま、寒いなかありがとうございました。
今回ご参加いただけなかった方も、もう一度歩きたいという方も、次回は2月27日開催です。
13時に大阪市役所前に集合ですよ~~!
と、その前に、忘れてはならないイベントがありますね。
バレンタインディ
チョコレート好きにはたまらないイベントです。
近年は、百貨店などに海外の有名チョコレートが集結し、チョコレート職人さんも来日し、大にぎわいです。
ただ、何事も何回も繰り返すと慣れてくるもの。
マンネリ化しないように変化をつけ、進化し続けるバレンタインフェア。
今年は、どんなことになっているのか、見に行ってきました。


ルクア、大丸、阪神、阪急で1月27日から開催中のバレンタインフェア。
目立つのは、日本ブランド。
特にエスコヤマはどこでも大きなブースがありました。
その場で食べられるソフトクリームもたくさん見ました。
来場する人も、女性のみならずカップルがたくさん!
今年はいろんな変化を感じます。

ルクア、大丸の会場はこじんまりとしていて、目当てのチョコレートがある方には買い物しやすくなっています。
ルクアではサロンデュショコラのパンクレットも置いてありました。ご興味のある方はぜひ。

阪神百貨店では、ポートランドフェアと同時開催、会場は分かれているようで、一体化しています。
ポートランドのチョコレートが売られていたり、チョコレートドリンクの一角があったり。

阪急百貨店では、タブレットチョコレートの会場があり、毎日チョコレートに関するセミナーが開催されていたり。チョコレートというよりカカオ祭。
あの、整然と並べられたタブレットチョコレートを見ていると、チョコレート好きのためのチョコレートイベントとなっているなぁと感じます。

一方で、チョコレートのおいしさはもちろんのこと、パッケージやチョコレートの見た目にこだわったものも増えています。手塚治虫、ムーミン、ミッフィー。
バレンタインに向けたチョコレートフェアはそんなに興味のない人からチョコレートマニアまで、あらゆる人に向けて幅広く、もれなく楽しいことになっています!!!

行ってみようかな、そろそろいかなちゃ、という方のために、最後に。
チョコレートブックがない会場もあり、会場地図だけのところもあります。
お店の情報だけでなく、どんな商品があるのか見たい方は各ホームページでチェックされることをオススメします。

2月14日までですよ~。