2015年11月19日木曜日

理容室での会話でキタが分かってくる!

今週は天候不順な日が続いていますが、体調を崩していませんか?
私はかなりの寒がりなので、すでに暖房のお世話になっています。
みなさんも、そろそろ冬支度を始めて、体調を崩さないようにしてくださいね。

今日のブログは「理容室での会話でキタがわかってくる!」です。

私の場合、理容室に概ね2週間に1度行くのですが、ここと決めたら同じ店に通っています。いまのお店も通い始めて数年っていったところでしょうか。
私はどちらかというと、年配のマスターがいるお店を(たいていこの場合は夫婦で経営していることが多いです)選ぶのですが、年配の方だと散髪中にいろいろな話が聞くことができます。

先週も散髪に行ったのですが、満席のため、後ろの待合いスペースで散髪待ちをしようとした直後に、先客とマスターの会話が耳に入ってきました。

マ:「たまーに、貸してほしいっていってくるなぁ」
客:「写真をか?」
マ:「そう。うちにはあまり写真がないけどなぁ」
マ:「前は読売テレビが来て、そのちょっと前は毎日放送が来てたわ」

という会話から、テレビ局がこのお店に何かの写真を借りにくるみたいです。

マ:「あの時はすごかった」
客:「あんときは天2にいたけれど、すごい音が聞こえたのを覚えてる」

っていうような会話の後に、マスターが私に会話を回してきました。
「(都島通りを指さして)ここの前のガス爆発事故って知ってます?」
聞いたことはあった「地下鉄ガス爆発事故」のことでした。
昭和45年4月8日に起きた事故ですから、まだ私が生まれる前です。

私:「聞いたことはありますけど…」
マ:「じゃあ、これ見ますか?」

と言って出してくれたのは、読売テレビで放送していた特集番組でした。
内容は、地元在住の人には改めて説明する必要はないでしょうが、私は初めて見る映像とともに、事故の大きさを目の当たりにしました。

マ:「そこんとこのガラス屋から、あそこの植木屋までで爆発したんよ」
私:「そうなんですかー」

と言いつつも、はっきりした土地勘がないため、散髪が終わったらブログの写真を撮りがてら、見に行ってみようということにしました。
右手の植木屋から左のガラス屋
(パチンコ屋の電光掲示板が見える手前あたり)
で事故が発生
撮影して気付いたのですが、さっき散髪していた理容室は、現場前に立地していたんだなぁ。そりゃ、テレビ局の人も番組制作用の資料も借りにくるんだろうと納得しました。

国分寺公園に設置された慰霊碑
そして国分寺公園には犠牲者を悼む慰霊碑もありますが、都島通りから1本入っているため、人の目に触れる機会が少なく、時とともに事故が風化されてしまわないか心配です。

せいぜい4~50分滞在する理容室の会話から、北区のいろいろなことが聞けることで、私の北区知識が増えていきます。
今度行ったら、またいろいろ教えてもらおうと思ってます。
皆さんも、行きつけのお店で思わぬ地元話を聞かせてもらってはいかがですか?