2015年10月26日月曜日

知ってましたか?梅田のど真ん中にある「よろこビックリ橋」


こんにちは、よりともです。

阪神百貨店、阪急百貨店、JR大阪駅を結ぶ、
毎日多くの人が利用してきた巨大な梅田新歩道橋。
みなさんもここを渡ったのは1度や2度ではないのでは?

実は、平成25年の6月から、「よろこビックリ梅田新歩道橋」という名称になっていたのをご存知でしたか?


大阪市では、公共施設にネーミングライツ(命名権)制度を導入され、
企業等が契約料を負担し、自社の名前等を公共施設の名称としていれる事ができるこの制度。
キンチョウスタジアムとか、京セラドーム大阪が有名ですよね。

「よろこビックリ」て、どこの会社か分からない!
梅田新歩道橋のネーミングライツに手を上げられたのは、
ロート製薬株式会社。
ロート製薬では、コーポレートスローガンとして、
“「驚き」と「喜び」のある商品やサービスの発信源になることが私たちの夢。私たちはさらなる驚きと喜びをお客様に提供するということを宣言するため、「Happy Surprise! よろこビックリ誓約会社」”を掲げられており、
そのスローガンから、「よろこビックリ」の名称となったそうな。

通常は、会社のPRのために社名や商品名を全面に押し出すものが多い中、
ロート製薬では、
口にすれば、明るくなれるようなフレーズで、
大阪の活性化につながれば。と、地域貢献を目的に、「よろこビックリ」を採用したのだとか。
募集をかけた大阪市さんも、想定外でビックリしたらしい。笑

正式名称はこちら



今は駅前改良プロジェクトのために使用できない箇所も多いですが、
ネーミングライツの契約は来年の5月まで。

名称を見つけると思わず笑顔になってしまうこの歩道橋。
工事中ではありますが、ネームプレートは確認できるので、
みつけてみてくださいね。