2015年10月12日月曜日

ビーチバレー大会が誘致できそうな神山町

朝晩がめっきり涼しくなりました。私はクルマ通勤なのですが、先週は朝通勤のエアコンが暖房に切り替わっていましたよ

さて今日は、北区内を走っていて気になる事をひとつ題材に挙げたいと思います。

ラッシュ時の天神橋筋(北区役所周辺)の混雑ぶりは、皆さんご存知の通りですが、混雑する理由を自分なりに想定したところ、扇町通りからの流入と南森町からの北上車と、繁華街ゆえの利用客のクルマ流入やタクシーの流入と客待ち停車、天神橋筋6丁目交差点の五差路による信号のタイミングと交差する都島通りの交通量の多さと…。ざっと挙げただけでも交通集中しやすい条件が整っていると考えられます。
しかも、扇町交差点から天神橋6交差点までは、クルマが曲がれる道が基本的にないんですよね。

特に梅田方面から、長柄橋を通って東西の淀川区に向かうクルマは、通過地点に過ぎないのですが、わざわざ交通集中する道を通らないといけないのが辛いところ。

ということで、新規道路を整備しているのですが、そのひとつが本庄西天満線(神山地区)です。
神山?と聞いてピンときた方、ズバリあの道路です。
ちなみに「本庄・西天満線」ですよ。
わたしは最初「本庄西・天満線」だと勘違いしていました…。
難波橋を北上して、すぐ左に曲がると、西天満を通って扇町通りに出られるのですが、ここから先の整備が遅延しています。
神山町交差点から北を望む

現地に行ってみると、数年前から工事が止まっている感じでした。見た感じ「がらんどう」。
クルマもほとんど通らないから、先日グランフロント大阪で開催していたビーチバレー大会が誘致できそうです。
違法駐停車を避けるため、ガードレールを仮設しています

大阪市のウェブサイトを見ると、最近の地価下落のため、地権者と折り合いがつかなかったことと、長期化した事業になってしまったため、計画を遂行する財政も悪化して、用地取得する予算や工事する予算の確保が難しく、進捗が遅れたとなっています。
現在の進捗では平成30年度の完成、翌31年度から供用開始(要は開通)になっていて、用地取得のメドがたったことと、予算確保もできるためとしています。

都島通のこのあたりに交差点を新設して
開通するんでしょうね
環状線の高架も掛け直しになるんでしょうか?
20年は軽く事業完了の予定が延びてしまっていたのだが、工事を進められる箇所は進めてきたため、車が通ることのない道になっています。
現在の終点はUターンするようになっています。
自転車や歩行者はこのまま都島通まで抜けられます

ただ、都島通りと接続したあとの事業計画が見当たらないので、開通しても北上するには少々不便な道路かな、と思ってしまうのは私だけでしょうか?
この道路の開通により、長柄阿倍野線(いわゆる天神橋筋)と国道423号線(いわゆる新御堂筋)の交通量分散による渋滞緩和ができるそうで、両者とも慢性的な渋滞を起こしているので、完成が待たれるところ。

平成30年、開通を楽しみにするとして、開通の際はブログで報告させてもらいますね。
あと3年後をお楽しみに!