2015年8月31日月曜日

自転車で安心して北区を走ろう!

この前、平日の夜にヨドバシカメラ梅田に買い物に行ったのですが、外国人観光客の多さに改めて驚きました。
でも、大型の家電を購入して、どうやって持って帰っているのかちょっと心配してしまいましたが。

さて今日は自転車ネタなんですが、北区を自転車で走る人も多いと思います。
ちなみに私も走るのですが、ヨドバシカメラには自転車で行きません、というか、勇気がないのでバスを利用します、この前も井高野線で行ってきました。
3月号の弊誌のコラム「そらきっついわぁ」でも書いてある通り、梅田に近づくにつれて人混みで自転車通行自体が難しいのと、駐輪場の確保が難しいのは皆さんもご存じにとおり。

ということで、梅田地区以外を自転車で走るのですが、他の地域も人混みがあるところはありますし、他の自転車も縦横に走っているので、注意をしていてもいわゆる「ヒヤリハット」の場面に出くわします。
いつ、脇道や店舗から人や自転車が
出てくるかわかりませんよね?
そんな時、相手と自分の安全確保をするために、私は1年に1回は自転車の定期点検を受けることにしているんです。
若いころ、マウンテンバイクが趣味で山道を掛け回っていたころ、整備(セッティング)が確実にできていなくて沢から転落したことがあったため、整備の大切さとイザというときの自転車の制御がいかに大切かわかりました。

ということで、購入した自転車屋に行って、点検をお願いしてきました。
ついでに毎年行っているのが、「TSマーク」の更新です。
防犯登録のシールの下に貼られているのが
TSマークです。
「TSマーク」とは、自転車安全整備士が点検整備した自転車に貼られて、その自転車には傷害保険と責任賠償保険がついています。
http://www.tmt.or.jp/index.html

ちなみに北区には13店舗が「自転車安全整備店」と認定されています。
http://www.tmt.or.jp/safety/pdf/anzenseibiten-osaka.pdf

もちろん義務化されていませんが、自動車でいう「法定12ヶ月点検」と「自動車賠償責任保険(通称:自賠責)」みたいなものでしょうか?

舵取り装置やタイヤの摩耗、ブレーキ調整などおこなってもらえて、素人では気づかない不具合も点検してくれるのです。
傷害保険と責任賠償保険が付帯されているのですが、これは補償内容をしっかり把握しておいたほうがよいと思います。
個人的所見として、わたしは自動車保険(通称:任意保険)に掛けている日常生活賠償特約(損保会社によって名称は異なります)が支払金額無制限なので、そちらをメインに考えています。

それ以上に、点検から帰ってきた自転車は細かな調整が行われており、走りやすく制動が安定していました。

そりゃ~1年の間、段差を超えたりストップ&ゴーを繰り返しているわけですから、まぁ、備えあれば憂いなし!
自転車で安心して北区の史跡を回ったり、街中散歩したりするためにも、街に人にそして自分にも優しい自転車整備してみてはいかがですか?