2015年7月30日木曜日

2015天神祭、無事終わりました~「天神祭、船渡御ってどんなん?」

今年も晴天酷暑の中、天神祭は無事終わりました。

天神祭関係者が、毎年願うのは「雨だけは降らないで欲しい」ということです。

平安絵巻さながらの陸渡御では、煌びやかな衣装も、太鼓も、獅子舞も、傘踊りの傘も、雨には勝てません。
花火も上がりません。祭に来る人も少ないでしょう・・・いえ、いないかもしれません。
雨が降ると屋根のない奉安船・供奉船・奉拝船では、飲食ができません。
びしょ濡れの中、船渡御が行われ船が行き来するだけかも・・・

私はラッキーにも、天神祭で雨に遭ったことがないのです。
なので、雨の天神祭はどんな様子なのか知りません。知りたくありませんけど・・・

今年は祇園祭が台風11号のお蔭で、悪天候の中、斎行されました。
天神祭前に台風12号が再発生したので、雨が降ったら・・・と、
今年ほど気になった年はありませんでした。

しかし、道真公の御遺徳のお蔭をもって、今年も天候に恵まれました。感謝申し上げます。

さて、今回のブログは「船渡御ってどんなん?」とよく聞かれますので、
私が案内していている鳳講供奉船で、今年乗船された方の写真を使って、
船上から見た景色で船渡御を紹介します。

陸渡御が終わった順に出航します。
私たち鳳講は後ろから2番目に天神橋第一乗船場を出航、時間は19時過ぎます。

46番船、鳳講奉安船

47番船、余丁船(余丁とは神輿の担手のこと)

48番船、鳳講供奉船(神様のお供をする船)、これが客船になります。

神様のお供をして出航・・・

出航すると船上の楽しみは、やはりこれですね!

天神祭に欠かせない、ハモ・鰻・白天などなど、豪華なお弁当!

お弁当を食べながら、天神祭の由来や行き交う船の説明などを聞いていただきます。
そして、乗船客のみなさんも一緒に、行き交う船や人と交わす大阪締め・・・


船上から篝火と大阪城が見えます。ビルがなかった江戸時代には、大阪城からも船渡御が見えていたことと思います。

そして、みなさまが一番待っていた、神様の氏地巡行を祝って打ち上げられる奉納花火!
ということは、神様のお船の近くがよく見えるのです。鳳講供奉船も真上で見れますよ。


video


途中には、舞台船もあって見どころがたくさん!


船上から見た、川と橋と見物客はこんな感じに見えます。


普段、橋の下は見えませんが、船渡御ではギリギリです。

周りが暗くなると行き交う船の灯りが美しく、船渡御も最高潮、声を掛け合い大阪締め!
これが天神祭一番のコミュニケーションツール!

このように、船渡御は天神橋を出航して飛翔橋でUターンして天神橋へと戻って行きます。
その後、鳳神輿は祭のクライマックス、宮入へ向かいます。
みなさんも是非ご乗船いただければ、楽しいこと間違いなし!


ここからは番外編
出航前の鳳講供奉船だけのお楽しみ!
陸渡御で神輿を担き続けた興奮冷めやらぬ状態の中、講員が唄う木遣り唄、船渡御出航へ最高潮に盛り上げてくれました。



船上から見たもっとも船渡御らしい景色

今年乗船された方はラッキー、初めて供奉船に来られました。鳳講の一番偉い人!

最後に、天満大自在天神(道真公)が見た奉納花火

天神祭、また来年!