2015年6月23日火曜日

天に昇る明神さま

大阪駅前第2ビル。北新地駅改札から徒歩3秒のところにあるのに「大阪駅前ビル」とはこれいかに。。。。。。って、このネタは前回やりましたね。

(前回の参照城東区が梅田に攻めてきた!? 間もなく出る5号予告とともに




そんな場所をうろうろしていると、あれあれ~?以前紹介したのと同じようなものがここにもありますねー。

前回は駅前第1ビル。ここには屋上に稲荷社があったんですよね。

第1ビルにある稲荷社への案内板
(2014/11/10のブログ記事 天に昇るきつね様


第2ビルにも同じように、小さな社があるようですので、早速行ってみましたよー


第2ビルの方は、第1ビルと違い、社は屋上になくて、3階の低層部分にある駐車場の一角に置かれていたのでした。
説明が書かれた石碑は、写真でうまく撮れないので概要を説明すると、ふむふむ、以前は蜆川のほとりに昔っから古い祠があり、誰も見向きもしなかった。
けれど、徳兵衛さんという人がやってきて、荒れている祠を修繕したらしい。信仰心が厚い人で、毎日修行していると、不思議な事が次々と起こり、いつしか参拝者が多く来るようになったと。そんな徳兵衛さんを偲んで徳兵衛大明神と名前をつけたとか。
で、まあ諸事情もあり、ここも稲荷社と同様、駅前再開発によってここに置かれているようですね。

3階ですので、あまり展望はよろしくないのですが、エスカレーターで行ける気軽さがあって、参拝者も……あまりいないですね。
けど、少し様子を眺めていると、ビルのオフィスで働いているビジネスマンでしょうか、スーツを着ている人が、少ないですが何人かやって来るのです。なるほど、そういう需要があるのですね。

都会の中にある小さな社。小さいながらも、人々の信仰心を集める明神さま。徳兵衛さんも、さぞや喜んでいるんじゃないでしょうかね。
明神さまから1ビルにあるきつね様を眺めるの図