2015年6月29日月曜日

「ゆずり葉の道」ってどんな道?

さて、6月も今日を入れて2日間を残すのみとなりました。ということは、7月はそこまで来ています。
7月といったら天神祭!

今年はぜひ!つひまぶ「天神祭号」を片手に今年の天神祭りを満喫しましょう! 

さて、きょうの話題は「ゆずり葉の道」なのですが、
先日クルマに乗っていてカーナビをいじっていると、見慣れない「ゆずり葉の道」の表記が地図に出てきました。場所は本庄東三丁目の市立北図書館の前の道ではないですか!!ちなみに、北図書館の入っている「大淀コミュニティセンター」は、つひまぶ常設配架場所で、図書館内の北区のコーナーには、バックナンバーが収められています。
画面中央に「ゆずり葉の道」と出ています
ほかのメーカーのナビでは何も表示されなかったので、表示されるかどうかは、地図データのソフトウェアしだいといったところでしょうか? 
カーナビを触る機会があれば、一度探してみてはいかがですか?
メーカー純正のカーナビには出てきませんでした
ということで、さっそく現地に足を運んでみると。こんな道路だったのです!
右手奥に関電扇町営業所で
左手はリバーサイドほんじょう
実際に見たことある方も多いのではないでしょうか? 

この道路は特徴的なこととして、

1)ハンプを設けて自動車の速度低下。
2)狭さくで、自動車の通行時の運転者の圧迫感による速度低下
3)庭先道路で、都市部の緑化に貢献

が挙げられるそうです。
ガードレールやガードパイプのような無機質なものでなく
ちょっとオシャレな歩車分離ガードです

本庄東の場合は、ハンプ(道路に山のような段差を作り、スピード低下を促す道路のこと)は、安全上設置されていませんでした。
コミュニティスペースでしょうが、ちょっと雑草が…
自動車やオートバイが信号や交通集中による渋滞を避けるために、猛スピードで住宅街などの生活道路に進入してきて一時停止違反や法定速度違反を犯しながら、いわゆる「ショートカット」をする場面をよく目にします。一部のドライバーなどの行為で、交通弱者である歩行者などは、日ごろから危険にさらされています。
実際に「ヒヤリ」とした場面を経験した方は、少数ではないと思います。
 そのような場面に陥らないように、整備をおこなった道路が「ゆずり葉の道」だったのです。
大阪市のウェブサイトにも掲載されていました。
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011177.html
木が成長しすぎて、歩車ともに視界が遮られて
しまいそうです
ただ、残念だったのは、整備が行き届いていないため、雑草が生えてしまい、せっかく整備した空間が雑多なものになってしまっています。

説明を追加
特に大きな木が剪定などされずに放置されてしまうと、視界を遮るだけでなく、特に夜間は恐怖を感じます。
この間、夜間に借りた図書の返却に行ったのですが(北図書館にも夜間返却ポストがあるのです)街灯が少なく(ほとんどない)、周囲は中学校とコミュニティセンターと電力会社の営業所なので、人通りもなく、かなり怖いと感じました。
まぁ、一本南の城北公園通りを通ったほうが、深夜まで営業しているスーパーもありますし、確実に安心です。
北図書館の東側の道路は結構きれいでした
実はこのような、地元住民などの歩行者と通行する自動車の共存を図るために考えて、全国に先駆けて整備されたのが大阪市だったのです。
残念ながら全国で最初に整備されたのは昭和55年の阿倍野区長池町で、北区ではなかったのですが豊崎中学校と大淀コミュニティセンターが隣接していて歩行者が多いことや、住宅街だったことなどの理由で整備されたのでしょう。

ただ、一番肝心な「ゆずり葉の道」と命名された意味が、どの資料を見ても書かれていませんでした。
ということで「ゆずり葉」で調べてみると、新しい芽が生える際に古い葉が落ちていく木なのだそう。
その様子を「代々受け継いでいく」という意味合いから命名されたものなのか?
それとも単に歩車が「譲りあう」という意味でつけられたのかは定かではありませんでした。
私も含めて、自動車やオートバイを運転するときは、すべての道が「ゆずり葉の道」だと思い、交通弱者と共存した運転に努めたいと思いました。
偶然に移動図書館「自動車文庫」クルマと遭遇!

2015年6月23日火曜日

天に昇る明神さま

大阪駅前第2ビル。北新地駅改札から徒歩3秒のところにあるのに「大阪駅前ビル」とはこれいかに。。。。。。って、このネタは前回やりましたね。

(前回の参照城東区が梅田に攻めてきた!? 間もなく出る5号予告とともに




そんな場所をうろうろしていると、あれあれ~?以前紹介したのと同じようなものがここにもありますねー。

前回は駅前第1ビル。ここには屋上に稲荷社があったんですよね。

第1ビルにある稲荷社への案内板
(2014/11/10のブログ記事 天に昇るきつね様


第2ビルにも同じように、小さな社があるようですので、早速行ってみましたよー


第2ビルの方は、第1ビルと違い、社は屋上になくて、3階の低層部分にある駐車場の一角に置かれていたのでした。
説明が書かれた石碑は、写真でうまく撮れないので概要を説明すると、ふむふむ、以前は蜆川のほとりに昔っから古い祠があり、誰も見向きもしなかった。
けれど、徳兵衛さんという人がやってきて、荒れている祠を修繕したらしい。信仰心が厚い人で、毎日修行していると、不思議な事が次々と起こり、いつしか参拝者が多く来るようになったと。そんな徳兵衛さんを偲んで徳兵衛大明神と名前をつけたとか。
で、まあ諸事情もあり、ここも稲荷社と同様、駅前再開発によってここに置かれているようですね。

3階ですので、あまり展望はよろしくないのですが、エスカレーターで行ける気軽さがあって、参拝者も……あまりいないですね。
けど、少し様子を眺めていると、ビルのオフィスで働いているビジネスマンでしょうか、スーツを着ている人が、少ないですが何人かやって来るのです。なるほど、そういう需要があるのですね。

都会の中にある小さな社。小さいながらも、人々の信仰心を集める明神さま。徳兵衛さんも、さぞや喜んでいるんじゃないでしょうかね。
明神さまから1ビルにあるきつね様を眺めるの図

2015年6月22日月曜日

多国籍グルメを巡る〜第2弾! 大阪天満宮のすぐ傍で味わえる。本格!美味しいケイジャン料理♪


多国籍グルメを巡る〜第2弾!
こんにちは。ヨリトモです〜。

ケイジャン料理って知ってますか?
アメリカ南部・ルイジアナ州の料理で、
フランス移民の影響も受けながら、
チリペッパーやタバスコをはじめ、様々なスパイスを使っているのが特徴!

ルイジアナ州のニューオリンズへ旅行に行った際には、
ビックリする位、ご飯がおいしくて!
時々、あの独特のスパイシーなご飯が食べたくなるんです。

今回、ご紹介するのは、
Southern PEASというお店。
ここではケイジャン料理を中心に、
美味しいお酒とお料理が楽しめます!

そして、お酒もお料理も本当に本当に本格的!
バーデンダーとして、北新地の老舗で修行を積み、
カクテルコンクールで受賞歴もあるのだそう。
あまりお酒が強くない私も、
リクエストに臨機応変に答えてもらえるので、、
ノンアルコールや、お酒を弱めにしてもらったカクテルを楽しむ事ができます!
お料理も、年に1度はニューオリンズへ行き、
現地の味を楽しみ、お店の味にも反映させているんだとか。

ニューオリンズに旅行で行って以降、
時々食べたくなる料理の代表は「ガンボ」
シチューやスープ料理に分類されるらしいが、
ご飯と一緒に食べる事が多いので、
新しいカレーというのが分かりやすいかも!

オクラでとろみを付けているのが特徴的で、
沢山の野菜や肉・魚の旨味をスパイスでまとめた味は、
お店ごとに違っていて、
旅行中はどこの店でも頼んで違いを楽しんだ。

そしてこちらのサザンピースで味わえる味は、
現地のオイスターバーの味に似ていて、
とっても奥深い旨味のあるガンボなんです!

あーブログを書いていると食べたくなって来た〜〜
大阪天満宮の参道沿いの素敵なお店です!

23日(火曜日ですが臨時オープン)から、
2階にもテーブル席が増え、
リニューアルオープンとのこと。

ぜひ、行ってみてください。

サザンピーズ (Southern PEAS
大阪市北区天神橋1-13-21 天神橋松本ビル1F
定休日:火曜日
https://www.facebook.com/SOUTHERN.PEAS

2015年6月18日木曜日

長柄橋と大阪大空襲

ついに今年も梅雨時期ですね。ジメジメに負けずに乗り切りましょう!
先週末、南森町交差点を通ったら、トーコーシティホテル前にバリケードが張ってあったので驚きました。すでに3月末で閉館していて、ホテルの建て替えを行うのですね。
高校野球の時期に高校球児が宿泊しているというイメージと、最近ではアジアからの観光客が宿泊しているイメージが強いですが、天神橋筋唯一といってよいホテルだったので、20163月下旬の完成予定とオープンが待ち遠しいです。

さて、みなさんは長柄橋ってよく利用されますか?
私は、旧大淀地区(天七より北)での行動が多いため、利用回数は一番多い橋なんじゃないかな?と思います。ちなみに多く利用する橋ベスト3を挙げてみると…、

1.長柄橋(たぶんダントツ!)
2.毛馬橋(城北公園通りは私の庭と自負していますw)
3.十三大橋と源八橋(たぶん同数くらいの利用)


ということになりました。みなさんは北区でどの橋が通行することが多いですか?

この長柄橋、ご存じの方も多いと思いますが、今から70年前の昭和2067日の大阪大空襲で、爆撃を受けて橋げたが損傷し、橋の下に避難していた約400人の人々が犠牲になった場所です。

長柄橋南詰より北を望む
ということで、やってきました長柄橋。
梅雨の合間に自転車でやってまいりましたが、梅田から20~30分もあれば到着できますので、先日のブログ「レンタサイクルで行こう」で出かけた際の立ち寄りスポットにいかがですか?

目と鼻の先にあの!「グリル佐野惣」もあるので、ランチついでにも長柄橋は最適コースです。

週末は河川敷で少年野球チームが必ずといっていいほど練習しているので、掛け声なんかが聞こえてきて、ホントに雰囲気がいいです。

遠くから見ても長柄の橋だと分かる特徴的なアーチ
この橋は、構造的や歴史にいたるまで、いろいろ変わった特徴を持っているのですが、今日のブログの趣旨が変わってきてしまうので、この話はまた後日。

長柄橋南詰南東の観音像
南詰の南東に行くと観音像が建立されていて、空襲の犠牲者を供養しています。

年に数回ですが、この時期と終戦記念日前後には
手を合わせに来ています
70年前に起きたことを忘れずに、この教訓を今後に生かしていくために、自分自身も常に考えなければいけないと思います。

長柄橋に残った弾痕が移設されていました
橋の下に降りると、ここにも!!
ひどい落書きです。いったいどうやって書いたのでしょうか?
夜中にこっそり高所作業車で来て、書いていったのでしょうか?
こういう落書きを目のあたりにすると、一気に治安の心配をしてしまうのは、自分だけでしょうか?

書いた人は満足でしょうが、書いた人以外は全員不満だと思う
この橋は、柴島浄水場からの上水道の幹線になっています。
6月7日の空襲は、幹線である長柄橋とともに柴島浄水場も壊滅的被害を受けたため、上水道は遮断されてしまったそうです。

長柄橋が平和の架け橋でありますように
左前方を見れば新大阪駅周辺のビル群、左を見ると高架橋を走る阪急千里線と毛馬閘門と広々した景色を見て癒されつつ、この時期だから思い出す「大阪大空襲」を忘れないために、淀川、長柄橋にちょっと立ち寄ってみてはいかがですか?

2015年6月15日月曜日

新梅田シティに今年も田植えの季節がやってきた


ども、編集長のルイスです。

新梅田シティのスカイビルの北側に、里山がひろがっています。
この時期、ここに青田が出現するのは、もはやこの時期の風物詩ですね。
積水ハウスさんが、2007年から大淀小学校の5年生の児童たちと一緒に、米づくりをおこなっているのです。
約100坪の棚田になっていて、上段にもち米、下段にはヒノヒカリを栽培。
収穫高は毎年約35kgというから、石高でいうと、約0.23石。約2.3斗。約23升。(←計算した。笑)
加賀百万石と比べると約0.23石はいかにも弱小大名のようだけれども、ここは都会のど真んなか、比べる方がおかしいですな(笑)


で、今日が田植えの日☆

お子たちがかかわるのはこれからだけれども、それまでのあいだ、新梅田シティで働く人たちでつくる「新梅田シティ里山くらぶ」のみなさんが、専門家とともに、朝活、昼活、休日を使って、棚田をケアしていくのです。棚田のみならず、竹林や野菜畑などもね。

これから、グランフロントの摩天楼をバックにしたがえ、秋に向けて青い稲が黄金色になっていきます。

写真は、本日6月15日(月)朝8:10からはじまった田植えでのもの。
最速upです☆

2015年6月11日木曜日

レンタサイクルで行こう!

傘を持ち歩く日が増えました。
雨のあいまの晴れには、どこに行こうか、何をしようかと、いつも以上に楽しみを詰め込んでしまうのは、私だけでしょうか?

そんな欲張りな私、強い味方を見つけました!
そうです!!レンタサイクルです!!
あちこち移動するにはやっぱり自転車が便利です。

大阪駅の北、グランフロントに「UMEGLE-CHARI」があるのをご存知ですか?


最初の1時間      200円
以降1時間毎に  100円

営業時間は、貸出は8:00〜20:00。返却は24時間可能です。


この使い方を見る限り、利用はとっても簡単です。

ちょっと淀川まで。

ちょっと大淀まで。

ちょっと中之島まで。



歩いて行くにはちょっと躊躇する場面で使えます。
かくいう私は、野田に藤を見に行きました。
野田の藤は一ヶ所ではなくあちこちに点在しているので自転車必須です。
9:00から借りて、返却したのは15時すぎ。かかった費用は800円でした。
返却時に、PiTaPaまたはクレジットカードで決済します。
現金を使わなくて済むのもありがたいところ。

週末のお出かけの、移動手段のひとつに、日々の営業の足に。
使える場面はいっぱいあります。
ぜひ、お試しください。
停める時は、駐輪場にね!



2015年6月8日月曜日

天神祭は、つながる、ひと、まち、ぶんか、「つひまぶ」です!

私がまち案内でよく聞くこと、「日本三大祭って、ご存知ですか?」
出る回答は
 「祇園祭・時代祭・葵祭」・・・違うやん、京都ばかりやん!
 「祇園祭・ねぶた祭り・仙台七夕まつり」・・・全国ネットのニュースに出てるなぁ・・・
 「祇園祭・ねぶた祭り・博多祇園山笠」・・・北から南まではいってるなぁ・・・なるほどそうか・・・
回答にそういう心の声をいいながらいつも思うのは、祇園祭は100%入っている。すばらしい!

で、正解は「祇園祭、神田祭、天神祭」なのです。
(ただし、神田祭は2年に一度なので、山王祭でも正解)

まぁ10人聞いて、ひとりくらいは天神祭を入れてくれますが、こういう答えがほとんど・・・
「天神祭」と「神田祭」は、ちょっと悲しいです。
これって大阪以外の人ばかりに、聞いたわけではないのです。

そこで、全国の人に浸透しようなんて大きなことは思いませんが、
せめて北区にいる人には知ってもらいたいなぁと、今回のつひまぶは「天神祭」を特集しました。

ただ知ってもらうのではなく、つひまぶ独自の紹介の仕方はないかいろいろ考えました。
天神祭って日本三大祭ですが、同時に地域の祭でもあるのです。
そこで、つひまぶの「ひ」、人にスポットを当てて紹介しました。

1.祭を支える「人」
神職は、準備から片付けまで祭を陰から支える人たちです。
公との前打ち合わせと協力願い、企業協賛、地域団体への協力願いなど、数えきれない事前準備があり、祭が近づくと、茅の輪つくりの材料集め、設備など肉体労働に変わっていきます。

茅の輪をつくるために、神職が近江まで葦狩りに行くのです。
これらは神職という仕事にはほど遠い作業ですが、暑い盛りに実際に行っているんです。
そして、持ち帰った葦を茅の輪にしたり、鉾流神事のこもを作るのも神職です。
昔ながらの道具を使って作る地味な作業、陰で支える人たちなんだなぁと実感します。
 
こもに入れる人形(ひとがた)もエコを考えて、自然環境に影響しない素材を使っているとか。
天神祭も時代に応じたいろいろな苦労があるんです。

鉾流神事(夏越しの祓い)は、7月24日9時から旧天満警察前鉾流橋北詰で斎行されます。
 
こもに人形を入れて川に流す
ここに鳥居しかないのは、神事を行う大事な場所だったからで、どなたでも参加できる神事ですので、是非お越しください。

7月になると境内には祭の当屋という、各講の道具や神輿を飾る小屋が設置されます。
この当屋を作るのも神職で、器用なんですね。まるで大工というか作業員のようです。
天満宮に訪れた人は、この姿を見て誰も神職とは思わないことでしょうね。(笑)

一昨年、天満天神の水が出てきたことで、昨年の天神祭から御神水として渡御の先頭でお浄めをしています。
 
毎年6月頃から祭が終わるまで、神職はいつ休むのかと思います。
そして、いよいよ祭直前の7月23日には、3泊4日の荷物をもって泊まり込みになるのです。
食事は女性神職が作り、一つのシャワーを交代で使う、まるで合宿?本当に頭が下がります。
事故なく、祭全体が時間通りに斎行されるよう気を配り、祭の奉行として走りまわる姿をよく目にします。
7月23日~25日、3日間の神職は、いろんな意味でピークに達することでしょう。
 
神職が奉行として出ている中で、斎主である宮司が祭では全く拝見することがありません。
実は、斎主は陸渡御の中に居られます。
御神霊の後ろを御輿に乗って渡御されているんです。誰も気づく人はいません。



2.地域の「人」
神職だけでは天神祭を行うことは不可能です。
そこで、天満宮の氏地の人々の組織を「講」といい、この方たちによって天神祭は支えられているのです。

ここに住み始めて感じたこと、こんな都会でありながら町のコミュニティができているんです。
親子何代も同地域に住んでる人がたくさんいます。しばらく外に行っても戻ってきます。
これってなんでしょうね。
みなさんと接することが多くなってよくわかったこと、祭の力なんです。
運動会、盆踊りなど、どんな場合も地域(=祭の講)で動くんです。
横の関係だけでなく、縦の関係もつながっていて、ちょっとびっくりですが、ホンマに仲いいですよ。

神輿の庫出しには仕事を段取りをして、駆けつけるのです。
他の講の人たちや神職も加わって、重い神輿を担ぎます。
祭前の楽しい時間、大人ですけど子どものように見えます。(笑)
 

地域の縦の関係の良さを一番感じるのは、7月15日から始まる天神講獅子の練習。

ここでは大人が子供を指導します。
みんなが口を揃えていう言葉、「今度は私たちが教える番!」
小さい子どもたちの目が真剣そのもの・・・

生まれたときから、いいえ、お腹の中にいるときから天神囃子を聞いていたんでしょうね。
たった10日間の練習で、幼稚園にも行っていない子どもが、大人と同じステップを踏むんです。
かわいいというより驚きでしかありません。
祭当日の炎天下に、大人に交じってこの子たちも「ソーレ」の掛け声で氏地を練り歩くんですね。



天満宮氏地の中でも一番近くに位置する菅南連合8町会は、鳳講にご奉仕しています。
この地域の子どもたちは、鳳講子どもみこしを担いで育ちます。こうして将来、何かで祭に関わっていくんです。
 
女性陣も支えてますよ~
ご主人・息子が表の支えなら、船渡御の乗船者のお弁当・飲み物係りは 奥様方、裏方に徹します。

他の地域の祭も天神祭の日に行われます。
太鼓中と同じ赤い頭巾をかぶった子ども太鼓、この中から将来太鼓中の願人をする子が出るんでしょうか。
7月に入ると天満宮以外でも天神囃子が聞こえ、地域の祭の練習が盛ん行われています。
天神橋筋商店街を練習場にしている町内もありますので、歩いていると遭遇するかも・・・

 
番外編
忘れてはならないボランティア集団「ダストバスターズ」
この方たちのお蔭で、私たち地元は祭の翌日から気持ちよく生活ができます。
以前は、祭の間も終わってからも、片付けよりもゴミの始末と掃除が大変でした。
ダストバスターズができてからは、毎夜きれいに片付けされています。
このゴミを最終集めるのも、神職のお仕事だとか。
心より感謝!
 


そして、祭の翌日の片づけが終わって、みんなから出る言葉、「さあ、来年の祭が始まる!」
人と町はハレ(非日常)からケ(日常)に戻って、神職も変わらない日々が続いていく・・・来年の天神祭の日まで・・・


天神祭号を出すと決まってから、つひまぶ実行委員会では6月から取材を始めました。
夏の暑い日神職に同行して葦狩りに、当屋建てに、神輿庫出しに、夜の天神講獅子の練習に、そして7月23日~25日の3日間は終日、各神事や巡行に、26日の庫納めまで、約2か月間の天神祭取材でした。
みんな猛暑の中、撮影機材を持ってあちこち走り回りました。暑さで倒れそうになりながら・・・
私たちの取材も、みなさんの協力なくしてできませんでした。人のつながりなくしてできませんでした。
天神祭も、神職はじめ地域の人が協力して支えてできるものです。
もちろんこの方たちだけでは、祭の成功はありません。
見に来てくださる人、警備の人、警察・消防その他多くの人が関わって祭ができるのです。

天神祭は、つながる、ひと、まち、ぶんか、すなわち「つひまぶ」です!



2015年6月3日水曜日

城東区が梅田に攻めてきた!? 間もなく出る5号予告とともに

いよいよ6月。今年1年も半年終わっちゃいましたね~などとNSNでつぶやくと、「まだ半年経ってねーよ」などと怒濤のように返信が返ってくる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
それにしても暑いですよねー。蒸し蒸ししちゃう。もうすぐ梅雨ですからしょうがないんですけど。

(なお、このネタはTumblr経由でで流れてきたTwitterの内容を元にしております。とどのつまりパクりました。すいません(〃´・∀・))ペコ )


さて、最近大阪駅前ビルによく行きます。何故かというと、私がJR東西線利用者なので、北新地駅の駅前ターミナルビルのような大阪駅前ビルはとっても身近だから。北新地駅前にあるのに、大阪駅前ビルとはこれいかに。

今日もぶらっと歩いていると、駅前第1ビルと2ビルの連絡通路付近にこんなショーケースがあったので、ちょっとびっくりしました。


これ、城東区のコーナー?えっ???そんなものがあるの???そこまでして区の魅力を発信しているの???

よくよく見ると、そうではなくて、大阪市生涯学習センターのショーケースのよう。
ふむふむ、大阪駅前第二ビルの5階に、その生涯学習センターがあるわけですね。そのために設けられたショーケースのよう。
http://osakademanabu.com/


今回は、城東区の生涯学習ルーム(小学校区毎に設置されています)の担当だったのですね。
絵手紙と絵画が展示されておりましたー。

生涯学習センターの要旨として、
生涯学習の指導者やボランティアの養成講座、語学や資格取得などを、実社会でも役立つような講座中心に実施し、参加者がそれらの学習から得られたリ ソースを活用して、学んだ知識・技術を「まちづくり」に活かし、その中で見出された課題について再び学習に取り組むという「学習と行動の循環」につながる ような学習機会の提供に努めています。
その中で、新たな学習課題や市民グループ等と出会い、社会参加へのきっかけを見出していただく機会につながればと考えています。

だそうで、趣味の講座も多い印象もあるのですが、学んだ知識を社会に還元したり、社会参加への足がかりとなる場にするような施設ということですかね。
私も、よく地下鉄の駅構内とかで、ここの発行物である「いちょう並木」はよく読んでいて、面白そうな講座が開催されていたりするんですよね。でも、なかなか時間が取れなかったりしていて行ったことがありません。
機会があったら何かの講座を受けてみたいですな。



さて、おしらせがございます。
つひまぶ第5号が6月5日いよいよ発行されます。本来は7月発行を予定していたんですが、今回は紙面内容の関係上、前倒しで発行となっています。
5日に北区役所に到着予定で、それから各配布場所に配本されます。区役所以外で入手される方は翌週になっちゃいます。早く手に入れるには、区役所に行かれると速ゲット出来ると思います。(ただ、到着時間がいつになるかわからないので、早めの時間に行ってもあるかどうか微妙なところです)

次号も苦労して作りましたので、どうぞよろしくお願いいたします。