2015年4月30日木曜日

佐野惣2号店は20時までやってます!


昨年の夏号「キタのええもんキタの手みやげ」でご紹介した、グリル佐野惣。
なんと、昨年末に2号店がオープンしています。

取材以降も何度も訪れていたのですが、取材させていただいたお姉さんにはお会いできず、残念に思っていましたが、この度、嬉しい再会を果たすことができました。
本当に嬉しい!!




地下鉄天神橋筋六丁目駅を出て、菅栄町西の交差点を東に向かった所に、「デリカキッチン Sano惣」はあります。
クリームがかった白い壁、入り口横の窓からもお店の様子が伺えます。女性一人でも入れる雰囲気が安心できます。内装は至ってシンプル。カウンター椅子の座り心地がちょうどよく、落ち着いて食事が楽しめます。
子どもや小柄の高齢者を意識して、手洗い場などは低めに設置されています。
その、内装を含むお店作りは、お店の主人である佐野惣のお姉さんの息子さんが主体となってされたのだとか。キッチン内も動きやすそうで、お店の細部まで、使う人への心配りが行き届いているようでした。

メニューを開くと、長柄のお店とおんなじです。ますます嬉しい展開。
2号店限定メニューもありました、「いっちょ丼」。



いっちょ丼は、お肉はコロッケをつくった際に余った牛すじを甘辛く炒めたものを丼仕立てにしたもの。とってもご飯がすすみます。味付けがしっかりめなので、ガツガツ食べたい時には間違いなしの一品です。
いっちょ丼以外にも、定番コロッケも食べたいし、カレー?牛カツ?海老フライ?と悩んでいると、お姉さんがそっと声をかけてくれます。「コロッケに、海老フライでちょうどいいんじゃない?」
欲ばりすぎず、でもちゃんとおなかいっぱいになるように教えてくれます。そして、コロッケは牛スジのものと、カレーコロッケと両方でした。コロッケのソースも変わらない美味しさです。揚げ物なのに、油が後に残らないのもおんなじです。さすがです。




デリカキッチンSano惣も、やっぱりテイクアウトができます。閉店30分前でも次々とお客さんが訪れていました。「うちは、コロッケひとつから持ち帰りOK」だからご近所の高齢者の利用が増えているそうです。駅から、自転車で都島方面に向う人も多くいて、揚げたてコロッケはもちろん、仕事帰りに生で持ち帰る人も。
オープンしてまだ半年も経っていませんが、もう数年前からあるお店のようにお客さんが馴染んでいます。さすがお姉さん。

人好きで、話好きのお姉さんは新しい出会いを求めてこのお店を開きました。
売り上げを意識すれば、もっと立地にもこだわっただろうと話されます。梅田方面や、商店街といった可能性もありました。でも、国分寺になりました。
一見さんが行き交うまちなかではなく、地元の人が日常とする場所です。
長柄が遠くなってしまった人も、初めての人も、ずっと知り合いだったかのように、親しめます。ちょっと、近くなりました。

2号店は20時まで開いています。
お姉さんと笑いながら、美味しい晩御飯を食べに行きましょう。


【デリカキッチンSano惣】
大阪市北区国分寺1-7-1
tel. 06-6353-3378
営業:11:00~20:00 日祝休
https://m.facebook.com/delicakitchensano