2015年1月5日月曜日

遠出せずに地方を体感!アンテナショップ「ととりのまんま」


あけましておめでとうございます
今年のお正月は、例年以上にお餅とぜんざいを食べた気がします。
お正月気分冷めやらぬまま、今日が仕事始めという方も多いのではないでしょうか?

大阪にいながらにして地方を感じられる場所のひとつに、地方自治体のアンテナショップがあります。百貨店主催の物産展や、イベント会場と違っているのは、常設ということ。いつでもその地方の名物が楽しめるのが魅力です。昨年末、中之島フェスティバルタワー地下1階に、鳥取市のアンテナショップ「ととりのまんま」がオープンしたので、早速行ってみました。鳥取「県」ではなく、鳥取「市」という、さらに狭い地域でお店ができたということにまずは驚きます。


お店の前には野菜が並びます。
私が行った際、白菜一玉150円でした。白ネギが100円ほど。ほぼスーパーマーケットの価格です。立派な長芋もありました。中に入ると、らっきょや乳製品、牛肉豚肉など、鳥取と言えば、という商品で満ちています。
中でも私が注目したのは、生姜せんべい、ピーナッツせんべい、とうふちくわ、お刺身醤油です。
どれも、地元では当たり前のものですが、離れると特別なものに感じる商品です。帰省の際の自分への土産の定番でもあります。
意外なものでは、鳥取市内の高校で作られているお味噌もありました。
地元で買った方が安いものももちろんありますし、地元と同じ価格でおいてあるものもあります。
出身者としては、魚介類がないのはなぜ?あのお菓子はおいてないのかな?など欲が出てしまいますが、それほど、ココロくすぐる場所でありました。
お土産物の商品があまりないことも好感がもてます。

こじんまりとしたお店なので余計かもしれませんが、アンテナショップはお土産物屋さんとも違って、独特の雰囲気があります。あまり行ったことのない地方のアンテナショップをハシゴしてみると、より際立って違いが見えておもしろいかもしれません。


ととりのまんま
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワーB1F
10:00〜20:00
06-6210-3386
http://www.totorinomanma.com