2015年1月8日木曜日

5時56分梅田の気温、ニドニドニド〜♪


寒いでんな。
年明け早々の今の時期が、一年で一番日の出が遅いんやそうです。そう、冬至を過ぎてもしばらくは、日の出は遅うなり続けるんです。
なんで?冬至が一番日ぃ短いんちゃうのん?とお思いでしょうが、それはそれで正しいんです。つまりその分、冬至の前から「日の入り」はもお遅おなり始めてて、その兼ね合いで、冬至が一番日が短い、ゆうことですね。
実はぼく、五年ほど前に前の仕事を辞めてから一年あまり無職で、その頃は「四百連休やー」なんて喜んでおったんですが、当然のことながらお金に困りまして、一時期友達のつてで新聞を配ったりしてました。新聞いうても一般家庭用のんやのおて、会社向けの専門紙です。なんで、土日は休みで、さらに配達先がオフィスビルなもんで、朝六時頃から配り始めて八時頃に終わる、そういう仕事でした。
サラリーマンの皆さんが出勤して来はる時分に、ちょうどぼくは仕事終わり、ゆう感じですな。
日頃あんまり見いひん時間帯の街の様子やとか、スーツ姿でうつむき加減に歩く人の波やなんかを、なんや別の場所から見てる感じが新鮮で、それはそれで面白い仕事でした。

新聞屋さんは西区、配達先は新大阪エリアということで、毎朝六時前の梅田を配達バイクで走り抜けておったわけです。梅新の交差点を左折して新御堂に乗るんですが、すぐ目の前の黄色いビルの端っこに、時計と温度計の表示が出てるんですね。5:55、2℃、とか交互に表示されるやつ。
配達中、ビルが開くのを待たないかんポイントが有りまして、その待ち時間に、さっき見たその日の時刻と気温、それと何か一言をツイッターで呟くのを日課にしてました。「5時56分梅田の気温2℃。ニドニドニドぉー」とか、ほんまくだらん一言でしたが。
寒うて夜明けの遅い、今の時期が一番厳しかったですね。
二年あまりその仕事してて、ぼくが見た気温で一番低かったんは-3℃でした。走ってて、今にも路面凍結でひっくり返るんやないかしらん思て、そらこわかったです、ほんま。
ちょっと別の仕事が入る様になって、その配達辞めて、いまで一年半くらいになります。

最近、寒い朝(言うても八時半頃ですけど)ダウンのポケットに両手入れて寒い寒い言いながら仕事に行く時、ふっと思います。
ぼくの中に確かにあった、あの頃の気合いみたいなもん。この短い間に
一体、どこへ行ってしもたんやろか・・・。