2014年12月4日木曜日

ちょっと懐かしい、九年前の阪急コンコース






時計の下で会ったのは
お洒落でかわいい女の子
誰かさんの心に花が咲いたの
二人で手を組み
素敵なショッピングしませんか
とっても楽しい阪急


という歌が、むかしよくテレビやラジオで流れてました。
ここにでてくる「時計」というのは、阪急百貨店の一階、ショーウインドゥところに、壁から生えるような感じで設置されていた、飾りのいっぱい付いた時計なんですね。
このCMソングのおかげで、待ち合わせによく使ったものです。「お洒落で可愛い女の子」には、ついぞ会わずじまいでしたが。

 写真の左寄りやや下に見える丸いのが、その「時計」


阪急百貨店前のコンコースは、平成24年の10月に新しくなりました。それまで長い間、ずーっと工事中でしたよね。その工事に入ったのは、平成17年の9月でした。

いま、ここのコンコースは、真っ白な石造り風の柱のない大空間で、それなりに豪華な雰囲気を醸し出しているのですが、でも昔はもっともっと高級感がありました。特に南側の入り口付近は、優美な装飾の半円形の天井にシャンデリアがさがっていて、さすが阪急は違うなあ、っていう感じでした。



ところでこのコンコースって、妙に広いんですよね。ずーっとずーっと昔には、ここが阪急梅田駅のホームだったらしいです。いや、子供の頃からずっと不思議やったんです。なんで阪急って、あんな北の外れにホーム作ったんやろ、って。わざわざ「動く歩道」を整備してまで茶屋町なんかに作らんでもええやん、て。




豪華な天井も待ち合わせの時計もなくなりましたが、ショーウインドウは今も頻繁に入れ替えをしながら、いい感じに目を楽しませてくれています。今現在、たぶんクリスマスまでは恒例の「リサとガスパール」です。かわいいので、一度みなさんも見てみてくださいね。