2014年10月30日木曜日

造幣局工場と造幣博物館でお金のことをちょびっと考えました。

 
天正菱大判の裏側(当時の修正の跡がうかがえます)

 造幣局ってご存知ですか?大阪の人なら「ああ、桜の通り抜けのとこやね」って返事が返ってきます。毎年4月には必ず「桜の通り抜け」のニュースが流れますもんね。でも造幣局の本業である「お金造ってるとこ」って部分はなんとなくしか知らなくて。確か紙のお札は別のところで造ってて、大阪の造幣局ではコインを作ってはるらしい・・・程度の知識しかありませんでした。
 博物館があると聞いて、そのうち行きたいなあと思っていたら、ちょうど北区役所主催のまち歩き「北区ぶらぶら」で工場と造幣博物館の見学があるというので参加しました。(「北区ぶらぶら」について興味のある方は区役所広報紙かホームページをご覧くださいまし。)
正門を入ったところ。これが造幣局の建物

 国道に面した正門を入って、詰所で見学者用のバッジを受け取ったら、1階にショップがある建物の2階に上がります。そこで今日の見学ツアーのガイドの方から、まずビデオを見ながら説明を聞きます。このお話が結構面白くて、「お金だけを造ってるとこ」じゃないことがわかって興味深かったです。
    
    明治4年の創業式から今年で143年目になるそうです。明治4年って、ついこの間まで江戸時代でしたって頃ですよね。明治維新があったからって、昨日から今日へ急に庶民の生活が変化したわけではなかったと思うんですよね。まだ、ちょんまげの人もいたかもしれない。そんなことを考えると、当時、日本の近代的な貨幣制度を作ろうと、建物も機械も人も、最先端の技術をこの大阪に集めたんでしょうね。NHKのドラマとかにならないかなあと妄想してしまいました。
    紙幣(お札)は東京に本局のある国立印刷局というところで作ってるそうです。この造幣局では、貨幣(硬貨)の製造のほか、勲章・褒章の製造、金属工芸品(国民栄誉賞の盾、オリンピックメダル、夏の高校野球の優勝メダルなど!)も製造しています。他にも貴金属製品の品位証明もしています。「ホールマーク」といって、指輪などの内側に日の丸と数字などが刻印されてるアレです。
 いろいろなお話が聞けましたが、印象に残っているのが500円玉の偽造防止技術。潜像(せんぞう)といって、見る角度で異なった模様が見える(500円玉を斜めにして見ると0の中に文字が見えるんですね)のや、斜めギザなど、造幣局ならではの最新技術で偽造防止効果が非常に高いそうです。私、知りませんでした~。毎日触っているのに、お金ってじっくり見ていないもんですね。
通り抜けの道を歩いて造幣博物館へ

 建物を出て、桜の通り抜けの道を半分位歩いて工場へ向かいます。工場はガラス越しに長い廊下を見学します。匂いも無く、完全に遮断されているためとても静かです。袋詰めまでかなりオートメーション化されていて、作業されている人の姿も少なかったです。ガラスの向こうで、ベルトコンベアーからキラキラジャラジャラ(音は想像で!)と落ちていました。機械の近くで眺めたいなあと思ったけど、防犯上無理ですよね。ちなみにできあがった貨幣は最後に袋に詰めますが、500円玉だと1袋が重さ14キロで100万円分になるそうです。




地方自治法施行60周年500円記念硬貨のリング部分だそうです。
これが貨幣になっていくのですね〜
 工場の見学の後、造幣博物館へ移ります。ここの展示物を事前にホームページで見ていたんですが、実物を見るのは断然面白かったです。
 昭和39年の東京オリンピックや長野オリンピックのメダルも「へえ、これが実物なんや〜」と思ったんですが、勲章がとても美しいです!写真撮影不可で撮れなかったので、食い入るように見てきました。「勲章欲しがる人の気持ちわかるわ〜」って思って帰って話したら、「いや、勲章欲しい人は、モノが欲しいんじゃなくて名誉とか欲しいんやから、形は何でもええんちゃう?」と笑われましたが、あれは欲しなるよ〜。本当に綺麗でした。
 NHK歴史秘話ヒストリアで放送されていた「竹流金」や秀吉が作った世界最大級の「天正長大判」などが、ガラスで挟んでLEDの照明で美しく展示されているので、裏側の細工跡まで間近に見ることができます。竹流金は、ポキッと折って使ったりもしたとか。まるでチョコレートみたい?淀川で発見されて、実物はここにしかない貴重な物です。
  生まれた時からお金は普通に存在する時代に生きているので、貝殻のお金から始まる大昔の歴史を見ていると、不思議やなあと思うのと同時に、人類にとってお金というか、貨幣をちゃんと流通させるって大変なことやったんやなあと思いました。
海に近かったら大金持ちになれる?


 古い時代のお金の展示も面白いんですが、現代の世界各国の記念硬貨の展示も面白いです。写真を載せたらキリが無いので、ぜひ実物を見てください。
立体の硬貨。しかもカラー。ブローチみたい?
 千両箱の展示がありました。持ち上げてみれるようになってます。重いだろうとは思いましたが、まったく持ち上がりません。じゃあ、あの時代劇で肩に担いで屋根の上を走るのは何やったん?と思いました。盗みの一味が大八車に千両箱をいっぱい載せて曳きながら走って行くシーンもあり得ないですね。時代劇好きとしては軽いショックでした。
向こうに見えるのが貨幣の袋。重くて「泥棒するなら紙幣だな」と(笑)


帰りにショップで「造幣せんべい」をお土産に買いました♪
1円玉から500円玉まで全種類あります。


 造幣局工場見学は事前申し込みが必要ですが、造幣博物館だけなら申し込み不要で、正門詰所で手続きすれば自由に見学できます。入場無料!(どちらも平日のみ)
時間など詳細はホームページでチェックしてください。
住所;大阪市北区天満1−1−79
最寄り駅はJR桜ノ宮駅、京橋駅、大阪城北詰駅、大阪天満宮駅、地下鉄南森町駅、京阪・地下鉄の天満橋駅など。

 実際に行くまでは、博物館は子ども向けかなあと思いこんでいましたが、大人の方が案外面白いかも。お子さん連れでしたら夏休みなど自由研究にもオススメです。ぜひ工場見学とセットで造幣博物館に行ってください。創業当時をしのぶガス灯や旧正門、大時計や昔の機械などを見て、明治の昔、この北区で日本の近代化に向けてドラマがあったんやなあと想いをはせるのも楽しいですよ。