2014年10月13日月曜日

偶然!ジオラマで見た北区

行楽の秋、台風が猛威を振るっていますが警戒は万全でしょうか?

今回は、新幹線の営業が開始されて50年という節目の年ということもあり、名古屋市にある「リニア・鉄道館」に行ってきました。
さすがには北区とは関係ないなぁ、と思っていたのですが、意外と北区を感じられるところがあったのです。

ここには、日本最大級の面積を誇る「鉄道ジオラマ」があり、東海道新幹線沿線がジオラマ化されているのです。
営業区域の東京駅から新大阪駅とその周辺を見ることができて、かなり圧巻です。

で、新大阪駅周辺に目を移すと、駅前に通天閣があったり…阪神甲子園球場(と思われる)も新大阪駅近くに存在したりしていて、実際の位置関係とは結構違うのですが、十分に楽しめます。
新大阪駅の西を走る高架は多分…新御堂筋(実際の新御堂筋は線路の下を通っていますが)と
すぐ横の野球場は多分…阪神甲子園球場(ナイトゲームの最中ですw)

新大阪駅周辺にあった建物は、先ほどの通天閣や阪神甲子園球場以外に、道頓堀周辺(お菓子メーカーの看板があったり、カニ料理屋の店先のオブジェのカニが実際に動いていました!)と万博公園の太陽の塔、大阪城と結構ベタだなぁ~と思うスポットが並んでいたのですが、よ~く眺めていると、思わず声を上げてしまいました。
新大阪駅の東側に通天閣!
この位置だと、新大阪駅のホームからでも見えますね。

それは、大阪市立科学館!オオサカガーデンシティ!そして大阪市中央公会堂!が並んでいたのです。全部北区!
画像中央に大阪市立科学館、その右隣に大阪市中央公会堂、
その左後ろがオオサカガーデンシティと北区のオンパレード!

中央公会堂は、建物だけでなく歴史や経緯も含めて、大阪が自慢できる建物のひとつだと思っているので、大阪周辺のジオラマを作るにあたって、この建物が選ばれたことは感動モノです。
osaka-chuokokaido.jp/
国指定の重要文化財ですが、施設利用ができたりツアーガイドを
開催していたりと、みなさんに開放されています

大阪市立科学館は、中央公会堂と同じ中之島にあるので、みなさんは見慣れているとは思いますが、よ~く見れば見るほど変わった建物だと思います。
www.sci-museum.jp/

最後にオオサカガーデンシティ。聞きなれない人もいるかもしれませんが、西梅田のハービスや、ヒルトンプラザウェスト、ダイビル周辺のことを指し、旧国鉄の再開発地域全体のことをいいます。

一見、見逃してしまいそうだったのですが、よく見ると明らかにハービスOSAKA(リッツカールトン大阪などが入居するビル)だということがわかります。
www.osaka-gardencity.jp/
こうやってみると、西梅田と中之島がまとめて新大阪駅の北側に
位置しています。
あらためて、見慣れた北区の自慢がジオラマ化されているのがうれしかったです。
これに、天神祭の陸渡御や船渡御がジオラマ化されていたら、最高だな〜なんて思いつつ見入っていたら、1時間近く経っていて驚きました。
北区は、特にランドマークとなる建物が多い区域なので、散策の甲斐があります。
ぜひ、外に繰り出して、北区を再発見しませんか?