2014年9月15日月曜日

北区は学校にも歴史あり!?


滝川小学校:明治5年    堀川小学校:明治6年   西天満小学校:明治5年

菅北小学校:大正11年  豊崎東小学校:大正6年   豊崎本庄小学校:明治8年

中津小学校:明治7年    大淀小学校:大正元年   豊仁小学校:明治40年

豊崎小学校:大正4年    扇町小学校:平成16年

 北区には現在11の小学校があります。上記はその学校の創立年。そのほとんどがかなりの年代物!大半が創立100年を超えています。(写真は明治5年創立の2校)
 
(滝川小学校)
(西天満小学校)
 
明治5年に公布された日本の近代学校制度に関する最初の法令「学制」により、小学校が整備されたのでこの頃に設立された小学校が多いのも事実(北区以外にも結構あります)。

それでも、少子化などで統廃合が進み、しかも北区のように人口が多いとは言えない地域でこれだけ歴史ある学校が多く現存しているのはかなり珍しい。
中には戦争の空襲により全焼し、数年間別の学校に統合され、再び独立した歴史を持つ学校もあります。
学校の歴史を調べていくと、その地域の歴史背景が見えてきます。ある意味、学校は地域の「生き証人」なんだなぁと感じます。
  
 さて、少し視点を変えて。最初の創立年を見ていると、1校だけ「平成生まれ」が!(「昭和生まれ」がいないのも面白いですが)
ここはあえて、この平成っ子について、少しだけ触れておきたいと思います。
                                                           (扇町小学校)

新しい学校なので、歴史も浅い・・・わけではなく、扇町小学校は北天満小学校と済美小学校が統合されてできた学校です。
その後、平成19年に大阪北小学校と統合し、現在に至ります。
 
大阪北小学校は曾根崎小学校と梅田東小学校が統合されてできた。その曾根崎小学校は大阪市立堂島小学校、大阪市北野国民学校、大阪市中之島国民学校が統合。
(国民小学校:現在の小学校。昭和16年の国民学校令により使用された名称)
というように、合併した学校を挙げるだけでも、芋づる式に歴史が広がっていきます。
全てに触れるには、このブログの量的にも、私の脳的にも容量が足りませんので、最後に!この歴史の結果、扇町小学校がどうなったか・・・
(ピンクの斜線が扇町小学校の校区)
 
北区内に11の小学校があるとは思えない巨大な範囲ですよね(汗)
 
小学生の時は「校区外に遊びに行ってはいけません」と何度も言われた記憶がありますが、これなら何処でも遊べそうですね。