2014年5月5日月曜日

~さよならデパオク~百貨店の屋上は昭和のワンダーランド!

百貨店の屋上遊園地をデパオクというらしい。
デパチカに対してデパオク?

キタの阪神百貨店屋上遊園地が今年2月閉園した。
大阪で最後のデパオクだった。

今まで人に会うことが少なかったのに、
最後とわかった時から多くの人が訪れ、マスコミも話題にした。

子供のころ家族で梅田に買い物に出かけて
デパオクで遊んで食事をして帰るのが日曜の楽しみだった。
郊外の遊園地よりも手軽にすぐ連れて行ってもらえるので百貨店は大好きなところだった。

モノレールや観覧車、遊園地には欠かせないヒーローショー、もう全部ないけど
思い出の中にはしっかり記憶している。

今まだあるもの、ゲームコーナーに金魚すくい、

ゴーカート、最初はぶつかってばかりいてもすぐ上手になる子供の鋭い感覚

レールを走る新幹線、向こうに見えるのは大阪ステーションビル、昔は空しか見えなかった。

親子三代で遊びに来たなぁと思うと感慨深い
市内では最後のデパオク
昭和のワンダーランド、デパオク!

遊びが多様化する現代では仕方ないのかもしれないがほんとうにさびしい。
建て替えられたビルの屋上には何ができるのか。
デパオクができることはないと思う。

昭和が次々に消えていく・・・

これで松坂屋高槻店のデパオクが全国唯一となる。