2014年5月15日木曜日

目で楽しめ!北区へ帰宅

楽しみにしていた大型連休も終わり、日常の生活も慣れてきたころだと思いますが、
連休はどこかに出かけられましたか?

「出かける」となれば、「帰ってくる」という行動をもちろん伴うわけですが、
ただ帰ってくるのではもったいない!

今日は、私の「目で楽しめ!北区へ帰宅」を、こっそり?教えますね。


私の場合、新幹線下りを利用して帰ることがほとんどなので、この方法が可能なのですが、

まずは!

新幹線の席ですが、指定席(グリーン車含む)の場合はA席を確保。
A席は、左側の車窓を眺めるための必須ポイントです。
なお、座席の場所は、私の独断なるリサーチと経験によると、中央付近(どの車両でもおおむね10Aくらいの座席ならベスト)を予約してもらうと、眺望が楽しめると思います。


京都駅を発車したあたりから徐々にテンションを上げてください。
車窓左側に東寺が見えるので、目を慣らすのもよいでしょうw

車窓左側に東寺を望みながらテンションを上げる

車窓左側をじーっと眺めていると、摂津市に入ったころに、大きなビルが見えてきました。
もしや、これが日本一高いビル「あべのハルカス」では?!

彼方に見える高い建物は、もしや…

期待しながら目を凝らしていたら…



大日駅前にあるタワーマンションでした!

確かにイオンに買い物に行くと、ここ最近の大日駅前の変貌ぶりは目を見張りますね。
横には淀川に掛かる鳥飼大橋も見ることができます。



その景色を過ぎると、ダイキン工業淀川製作所が見えてきました。
摂津市と東淀川区の境に位置している工場なので、
ついに大阪市に帰ってきたと実感できるでしょうか。

摂津市から大阪市に入るところです!

大阪経済大学を確認!東淀川区まで来ました。


かみしんプラザも確認!
よく利用させてもらっていますww


ここまで来たら、北区がもうすぐ!気分が高まります!
…と思ったら、もうひといき!淀川キリスト教病院です。


遠くにビル群が見えてきた!たぶん北区界隈だと思うww

このあたりはマンションが多くて、視界が開ける個所が少ない

目を凝らしているのですが、都心に近づくにつれて、目の前に建物が多くなってきます。

ここの学生さんは、新幹線が見放題ということかぁ
阪急千里線で奥が淡路方面です。この線路をたどれば天六に到着できるので、
景色もいよいよ期待できます!!

中央の高い建物は、パークプラザ淡路菅原というマンションでした

おおさか東線を越えると、空に旅客機が飛んでいます。
長柄橋近辺は飛行ルートになってるそうなので、その周辺に北区の建物があるか!と、
期待は最高潮!!
右側には、たぶん梅田界隈のビル群が見えてきました!!


ついに見慣れた北区のビル発見!!

この緑色の看板のビルは?!
見えにくいので拡大画像をどうぞ。

ちょうど建物の間で撮影できました!
本庄東二丁目のきんでん本社ビルでした!
このビル自体は超高層でもないのですが、この色の看板は目立つんですかね。
ちなみにこの会社の営業車も、独特の色(サーモンピンクだそうです)で目立ちますよね。
撮影場所は淡路一丁目。
こう見ると、ほかにもビルが見えてきましたね。

これはわかりやすいビル発見。


拡大画像でどうぞ。池田町のぷららてんまと、天六の駅にあるジオタワー天六です。
天六と池田町がほぼ対角線上に写っているので、梅田界隈はもっと画像右側ですね。

赤丸:ぷららてんま 黄丸:ジオタワー天六
新大阪駅に到着寸前に、長柄橋発見!


これ以上は、新大阪駅周辺のビル群に遮られて、北区のビルは見えなくなってしまいます。
というか、下車準備を始めないと、それこそ北区に帰宅できなくなってしまいますw



ここまで目を凝らして見ていると、大阪に帰って来たなぁと感じて、乗り換えができますよね。

梅田界隈のビルまでは詳しくお伝えできなかったですが、ぜひご自身の目で確かめて、
北区へ帰宅って心でつぶやきながら、目で帰宅を実感してみてください。