2014年5月29日木曜日

図書館に行きましょう!


 みなさん、最近、図書館に行かれたことありますか〜?地元(大阪府の端っこ)では週末ごとに図書館通いしている私ですが、大阪市の図書館は、職場が変わってからは近くに無くって、しばらくご無沙汰していました。でもやっぱり大阪市の図書館は蔵書数が多いのが魅力で、ほんとは利用したいな・・・と思っていたんです。ちょうど、「最近、大阪市の図書館がなんか便利になったらしいで」と聞いたので、さっそく職場から自転車に乗って、大阪市立北図書館に行ってみました。
 北図書館は長柄橋のたもと、豊崎中学校の西隣にあります。12階が大淀コミュニティセンターで、3階が図書館です。


あっ、1階のエレベーター横につひまぶのポスターが!ここにも置いていただいてるんです。ありがとうございます!
さて3階へ。あんまり広くはないですね。小さな図書館という印象。でも平日なのにあちらこちらに人がいらっしゃいます。ちょうど区内の小学生が見学と学習に来ていました。


 係の方にお話を伺いました。(お忙しいのにありがとうございました!)
 今年の1月から貸出冊数がひとり8冊から15冊に増えたそうです。すごい!そんなにたくさん借りれるんですね。持って帰るのは重そうだけどちょっと嬉しいかも。
 それから、1枚のカードで大阪市内24館での利用ができるようになったとのこと。なんだか当たり前っぽいですけど、今まではそれぞれの館ごとに作らなきゃいけなかったんですよ。例えば、インターネット予約(便利ですよね〜)で予約しようとしたら、まず、受け取りたい館のカードを先に作らなきゃいけなかったんです。私は転勤のたびに受取館を変えたので、なんと4枚もカード持ってます。これが1枚に統合できるそうです。これから初めて登録する方は、最初から1枚のカードで24館とも使えます。

 その他にもいろいろお聞きしました。大阪市の図書館カードは、市内に在住・在勤・通学でないとダメなどの制限が無いので、大阪市外の人でも2週間ごとに来館可能な方なら作れるそうです。また、カードは赤ちゃんから作れるそうです。

 そういえば、昔は受験勉強で場所取り頑張った記憶があるんですけど、今もできるんですか?って聞いたら、現在は持ち込み資料での自習はできないとのこと。今も「自習スペースはありますか?」と問合せがあるそうです。ただ、図書館の資料や本を使った学習ならできるそうです。

 各区の図書館では、それぞれの蔵書に特色があって(例えば生野区だと韓国関係の蔵書が多いなど)、北図書館は中国語のコーナーを設けているそうです。区内に中国の方や外国籍の方が多いからだそうです。

 私は利用したことがないんですけど、「こんな分野の本を探してる」とか「こんなことについて調べて欲しい」とかの対応もしてくださるそうです。「調査相談(レファレンス)サービス」といって、中央図書館を始め、各図書館でも行っているもの。
「ご希望通りにいかないこともありますが、どうぞご活用ください。」とのことでした。
 
調べ物の説明パンフレット 30番までありました

 毎月第4土曜日の11時から11時半まで、ボランティア「絵本の会北」さんによる「小さな子も楽しめるえほんのじかん」が開催されています。夏休みなどは工作やお楽しみ会などもあります。小さな子どもさんのいらっしゃる方は、ぜひともご参加を。これからますます暑くなるし、冷房のある図書館で過ごすのはいいかもしれませんね。

 北図書館と聞いて、キタ(梅田)にあるのじゃないのか?と言われる方が結構おられるそうです。確かに北図書館の位置は北区の中でも端っこのほうです。なので駅近がご希望の場合は、中央図書館や東成図書館、鶴見図書館などを紹介したりするそうです。
 また、自動車文庫「まちかど号」が大阪市内100カ所以上の巡回場所を毎月巡回しています。
北区内だと、中津公園(中津2-8)、北老人福祉センター駐車場(同心1-5)、ローレルタワー梅田東側(万歳11)、中大淀幼稚園正門(大淀中4-10)の4カ所。巡回日は広報紙やホームページなどに掲載しています。自動車文庫の貸出上限はなんと30冊!ネット予約した本の受取もできるそうで、高齢者の方や小さいお子さんのおられる方に人気らしいです。ただ、貸出カードは自動車文庫用を作らなきゃいけないので、最初に氏名や住所の確認できるものが要ります。


「まちかど号」いろいろなジャンルの本がぎっしり!
 ところで、図書館の利用者で多いのは、「30代女性、40代女性、60代男性」なんだそうです。なるほど〜、まさに私が入っていますね。納得です。

 面白かったのが、毎朝おっちゃんたちによる新聞争奪戦がある話です。以前他の館で、朝、開館前の入り口に並んでるおっちゃん達を見て、何やろう?って気になっていたんですが、あれは新聞を読むために並んではったんですね。ちなみに人気のスポーツ新聞は配架せずにカウンター内に置いて手渡しするそうです。
この日は、ビデオ試聴ブースで「やすきよ」をヘッドフォンで見てはるおっちゃんもいてはりました。懐かしいなあ、やすきよの漫才。


 

 確かに若い人の利用って、あんまり見かけないですね。うーん、もったいない。例えば雑誌とか読まないかなあ。雑誌ってずっと置いとかないでしょ。最新版は図書館でしか読めないけど、バックナンバーがまとまってあるから、土日とか、ぷらっと図書館で雑誌読むのも良さそうですけどね。
お金の節約にもなるし、レファレンスサービスは仕事でもプライベートでも活用できそうだなので、もっと図書館使ってほしいなあ…と思います。

 大阪市立図書館は、蔵書冊数は西日本一、貸出冊数も政令市で1位(年間1200万冊超!)だそうです。もし、近くにあるなら、使わないのはもったいないです。もっとお得に図書館を活用しましょう☆
 


2014年5月26日月曜日

つひまぶの嫁ぎさきは!?


 
我らがつひまぶをレジ横の「一等地」においてくれている西日本書店さんへお礼も兼ねてご挨拶!

せっかくなので、つひまぶの感想を聞いてみました。
第一印象はフリーペーパーとしてはかなり高級感があって
「もったいないのでは!?」だったそうです。
編集側としても高級感はコンセプトのひとつだったので、思わずニヤッ!嬉しいコメントです。

内容も充実していて、以前に発行されていた「※天満人」を思い出したとのこと。
売行き(?)も好調だそうで、特に中高年のかたが興味深そうに持ち帰られるそうです。
今や若いかたはネットで何でも情報を手に入れているけど、年配のかたはまだまだ・・・
紙媒体の情報を望んでいるかたが本当に多いと感じるので、これからも頑張ってくださいと応援していただきました。
そんな中、有料の本を売っているところに無料の冊子を置くことに抵抗感はないのかな~なんて疑問がモヤモヤ・・・
置いてもらうお願いはこちらがしたにもかかわらず、思い切って質問。
フリーペーパーを取りにくるお客さんが、足を運んでもらえるメリットもあるので抵抗感はあまりないのだけど、何より頼まれたら「なんとかしてあげよう」と思ってしまう。
元々この界隈はそんな気質のかたが多く、自分たちも助けられた。だから遠慮せずもっと地域にも広めてください。と暖かいお言葉!

わが子が、温かい家庭に嫁いでいったような幸せな気分。本当に感謝です!
西天満書店さんは月に1度、子どもさんとその保護者のかたを主な対象とした「おはなし会」を無料で開催しているそうです。
地域密着型で頑張っているからこそ、大手大型店舗でも大変なこの時代に,強く存在感を発揮されているのだと感じました。

つひまぶも負けずに北区の人に広く愛され、存在感を打ち出せるように頑張ろう!!
今回、やさしく対応いただいた副店長さんに「最後に1枚写真を撮らせてください」と、お願いすると
かわいい笑顔で「私の写真はNGで~」 なのでお店をパチリ!

 
※「天満人」 ・・・ キタを舞台にしたフリーペーパー「あるっく」が発展し生まれた情報誌
 

 
 

 

 
 
 
 



 
 


 
 


 


 
 

2014年5月22日木曜日

梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」壁面アート化大作戦!に行ってきました!


梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」壁面アート化大作戦!に行ってきました!


 壁を落書きで汚された駐輪場を新たな壁画で飾る作戦だ。

 プロジェクトを進めるのは、地元のキタ歓楽街環境浄化推進協議会。

 517日は晴天に恵まれ、老若男女約50名が参加していました。

 テレビカメラも入り、とても賑やかでした。

白く塗られた壁面には、地域住民や学生等のボランティアが、アートの下絵を書いてくれていました。


下絵には、酒屋さん、魚屋さん、看護師さん、花を持った生花店の店員、大衆演劇の役者、美容師、ホテルマンら地域ゆかりの人物画が描かれていました。

デザインを担当した専門学校の先生は、「テーマは人間。特別な人ではなく、堂山で働いている人や住んでいる人をイメージして描いた」という。「堂山はパワーがあふれる街なので、力強く行動していこうというイメージのアートも描く」とのことでした。




代表者は「みんなで街のことを考える時間が必要。業者に出さずに自分たちでコツコツと取り組み、自分の世代の間にしっかり伝えなければ。この駐輪場で利益を出し、大きな駐輪場にして、ここを基点にこの辺りで食事をしてもらいたい」と意気込んでいる。


ペンキを塗る前に、ペンキよけの靴カバー、ゴム手袋、軍手を付けていざ出陣。合羽は暑いので着なかった。


好きな水性ペンキを選び、プラスチックカップにペンキを移し、水で少し薄める。

いざ、白い壁に塗る。しかし、少し薄すぎたのかペンキが垂れる。もう少しペンキを足し、ちょうどよい濃さにして大きな顔の口の中をピンクで塗った。

なにか幼いころに戻った感じだ。隣には、おじいちゃんと一緒にきた子どももペンキを楽しそうに塗っている。負けていられない。ペンキ塗りってなんて楽しいんだ。止められない。しかし、波板なので、非常に塗りにくい。少し細かい所はテクニックが必要か?違う色との接点は細心の注意が必要であるが、はみ出してしまう。

「うー、どうしよう。舌の赤を塗って修正しなければならないか。」と思っていると、

隣の女性が「気にしなくて結構ですよ。後で全て修正しますからとの事。」気が楽になってどんどん塗りまくる。

 

 次に歌舞伎役者の手と足を塗った。指先の細かい所は難しい。右足と左足が重なった所は境界が分からなくなり、足に見えなくなった。

 しばらくすると、青年がやってきて、黒で足の影を塗ってくれた。「おー!足がきれいに見えた。感謝感謝!!」


 ペンキの色が少ないので配合しなければならない。人の絵が多いので肌色が欲しい。でも、主催者は「好きな色を自由に塗ってもらって構いませんよ。」との事。

 でも、肌色で塗りたい。赤に黄色を混ぜ、白色を足したが、なかなか肌色にならない。オレンジも少し足すがなかなか良い肌色にならない。ピンクも足した。しかし、肌色に

ならない。色黒の肌色で良いかと、白い壁に塗った。遠目で見たらなかなかいけると自分に言い聞かせ塗りまくった。でも、顔半分塗ったところで時間切れ。後半分はどんな色になるのか?いっそのこと、ピカソのように全然違う色も面白いかもしれない。と、納得して本日の作業を終了した。






同委員会では、描いた下絵に色を塗る参加者を募集している。開催日は524日、31日にも開催される。開催時間は13時~15時。自由参加。途中入場退出可。

参加方法はフェイスブックページで確認できる。


517日のテレビ放送は




「ウメチャリ」とは

大阪・キタの繁華街を南北に走りる「阪急東中通商店街」の近くに、梅田・堂山町の駐輪場「ウメチャリ」がある。北野連合振興町会が代表となり、阪急東第二商店会、同第三商店会、同中通商店街、パークアベニュー堂山商店会、堂山町振興町会が出資した自転車管理運営委員会が、平成253月から駐輪場を運営している。

周辺一帯は自転車等放置禁止区域に指定されているが、周辺の店で働く従業員や店の利用客の違法駐輪は減らず、空き地で違法駐輪の多かった同所の土地を借り駐輪場を設置した。収容台数は150台。利用料金は8時間100円です。梅田で自転車が止めれて、この値段は安い。


駐輪場のオープンから23カ月たったころ、深夜にフードをかぶった若い男性3人組が駐輪場の壁面にスプレーで落書きをしていった。
同委員会では「消してもまた書かれる。次に書かれないにはどうすればいいか」と、済美地区の落書き消しに取り組んでいるメンバーに協力を仰ぎ、落書き消しのワークショップを開催し、壁面の落書きを消した。


壁面に地元への愛情を表した、力強い巨大壁画を施す計画を練り、いたずらに対抗することにした。

「落書き消しに参加した人は気になって見回りに来てくれるなど意識が変わった。それぞれの地域でまたできれば」と話す。


   

2014年5月19日月曜日

19の力を合わせて魅力的な北区に!

 
 広報誌5月号(http://www.city.osaka.lg.jp/kita/cmsfiles/contents/0000264/264647/2.pdf)にも掲載されていますが、北区には19の地域があります。なぜ19も地域があるのかというと、それぞれの地域に小学校があったからです。いや、正確には、戦前、地域の人たちが、地域の子どもたちに教育を受けさせようと敷地を提供したり、校舎をつくる費用を寄付したりするなど、自分たちの財産を提供して小学校をつくったため、各地域に小学校がありました(すべての地域や小学校が該当するわけではありません)。そういったことから、地域の範囲は、小学校の区域とほぼ同じになっております。
 現在は少子化の関係などで、小学校は11校に減ってしまいましたが、下の図のように19の地域は健在です。
 


 
 
 ここで、みなさんに思い出してほしいでのですが、小学生のころ、子どもだけで自分の小学校区域の外に出て遊んだことがありますか?また、小学校区域の外に友だちがいましたか?
 おそらく、小学校区域の外とは、あまり関わりがなかった人が多いと思います(少なくとも私の周りはそうでした。というよりも、校区外に出るのが怖かった...)。
 
 なにが言いたいのかというと、それくらい地域は独立しているのです。だから、地域の活動もイベントも盆踊りも、基本的には各地域単位でやっています。お互いに負けてなるものかと競い合っている地域もあります。そうやって地域を盛り上げてきました。
 
 しかし、今、変化が起きています。少子高齢化や共働きなどが原因で地域活動の担い手が減り、以前のような活動ができなくなってきているのです。様々な事情があり、仕方がないことですが、小学校の減少も原因の一つです。というのも、小学校は地域活動の担い手を生み出す役割もあるからです。先ほどもお伝えしましたが、地域と小学校のつながりはとても強いです。ということは、地域活動の担い手と小学校のPTA(小学生の親)のつながりも強いということになり、それが、次世代の地域活動の担い手を生み出すきっかけになっているのです。そして、小学校の減少は、そのきっかけが少なくなることにもつながっているのです。
 
 そこで、最近、地域間で交流したり、連携したりする動きがでてきました(元々そのような動きはありましたが、今まで以上に多くなってきました)。お互いのイベントや盆踊りを視察したり、地域の資源を情報交換したり、地域活動で得たノウハウを提供しあったりして、自分の地域を盛り上げていくだけでなく、地域の垣根を越えた範囲で盛り上げていこうという動きもでています。

 また、地域活動そのものを魅力的にしようという動きもでております。無理やり地域活動に参加してもらうのではなく、地域活動に魅力を感じてもらい、自ら参加させてほしいと思ってもらえるようなお膳立てをしようということです。
 
 このように19の地域が、それぞれ独立を保ちながら、お互いに協力し合って地域を盛り上げていき、そして、その積み重ねにより北区全体を盛り上げています。言葉だけでは簡単に言えますけど、地域の人たちは自分たちのまちを魅力的にするため実際に動いて頑張っています。

 北区は、都心でありながら、網の目のように人と人のつながりが強いところです。最近はフェイスブックなどで情報発信し、比較的気軽に参加できる地域活動も増えてきています。みなさんも少しでも興味をお持ちでしたら、地域活動に参加してみてはいかがでしょうか。参加することで、より北区に親近感がわいてくると思います。
 
比較的に参加しやすいイベントの一つとして、駐輪場の落書きを防止するために、逆にペンキで絵を描くイベント(https://m.facebook.com/umechari.art)があります。興味のある方は是非参加してみましょう!

2014年5月15日木曜日

目で楽しめ!北区へ帰宅

楽しみにしていた大型連休も終わり、日常の生活も慣れてきたころだと思いますが、
連休はどこかに出かけられましたか?

「出かける」となれば、「帰ってくる」という行動をもちろん伴うわけですが、
ただ帰ってくるのではもったいない!

今日は、私の「目で楽しめ!北区へ帰宅」を、こっそり?教えますね。


私の場合、新幹線下りを利用して帰ることがほとんどなので、この方法が可能なのですが、

まずは!

新幹線の席ですが、指定席(グリーン車含む)の場合はA席を確保。
A席は、左側の車窓を眺めるための必須ポイントです。
なお、座席の場所は、私の独断なるリサーチと経験によると、中央付近(どの車両でもおおむね10Aくらいの座席ならベスト)を予約してもらうと、眺望が楽しめると思います。


京都駅を発車したあたりから徐々にテンションを上げてください。
車窓左側に東寺が見えるので、目を慣らすのもよいでしょうw

車窓左側に東寺を望みながらテンションを上げる

車窓左側をじーっと眺めていると、摂津市に入ったころに、大きなビルが見えてきました。
もしや、これが日本一高いビル「あべのハルカス」では?!

彼方に見える高い建物は、もしや…

期待しながら目を凝らしていたら…



大日駅前にあるタワーマンションでした!

確かにイオンに買い物に行くと、ここ最近の大日駅前の変貌ぶりは目を見張りますね。
横には淀川に掛かる鳥飼大橋も見ることができます。



その景色を過ぎると、ダイキン工業淀川製作所が見えてきました。
摂津市と東淀川区の境に位置している工場なので、
ついに大阪市に帰ってきたと実感できるでしょうか。

摂津市から大阪市に入るところです!

大阪経済大学を確認!東淀川区まで来ました。


かみしんプラザも確認!
よく利用させてもらっていますww


ここまで来たら、北区がもうすぐ!気分が高まります!
…と思ったら、もうひといき!淀川キリスト教病院です。


遠くにビル群が見えてきた!たぶん北区界隈だと思うww

このあたりはマンションが多くて、視界が開ける個所が少ない

目を凝らしているのですが、都心に近づくにつれて、目の前に建物が多くなってきます。

ここの学生さんは、新幹線が見放題ということかぁ
阪急千里線で奥が淡路方面です。この線路をたどれば天六に到着できるので、
景色もいよいよ期待できます!!

中央の高い建物は、パークプラザ淡路菅原というマンションでした

おおさか東線を越えると、空に旅客機が飛んでいます。
長柄橋近辺は飛行ルートになってるそうなので、その周辺に北区の建物があるか!と、
期待は最高潮!!
右側には、たぶん梅田界隈のビル群が見えてきました!!


ついに見慣れた北区のビル発見!!

この緑色の看板のビルは?!
見えにくいので拡大画像をどうぞ。

ちょうど建物の間で撮影できました!
本庄東二丁目のきんでん本社ビルでした!
このビル自体は超高層でもないのですが、この色の看板は目立つんですかね。
ちなみにこの会社の営業車も、独特の色(サーモンピンクだそうです)で目立ちますよね。
撮影場所は淡路一丁目。
こう見ると、ほかにもビルが見えてきましたね。

これはわかりやすいビル発見。


拡大画像でどうぞ。池田町のぷららてんまと、天六の駅にあるジオタワー天六です。
天六と池田町がほぼ対角線上に写っているので、梅田界隈はもっと画像右側ですね。

赤丸:ぷららてんま 黄丸:ジオタワー天六
新大阪駅に到着寸前に、長柄橋発見!


これ以上は、新大阪駅周辺のビル群に遮られて、北区のビルは見えなくなってしまいます。
というか、下車準備を始めないと、それこそ北区に帰宅できなくなってしまいますw



ここまで目を凝らして見ていると、大阪に帰って来たなぁと感じて、乗り換えができますよね。

梅田界隈のビルまでは詳しくお伝えできなかったですが、ぜひご自身の目で確かめて、
北区へ帰宅って心でつぶやきながら、目で帰宅を実感してみてください。

2014年5月14日水曜日

【5月24日】大学の秘蔵日本画がまた見れちゃうの!【チャンス到来!】

最近の季候が良すぎてすでに暑さにバテ気味の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
まだ湿度が低い日が多いのでまだマシなんですが、汗っかきの私には、また地獄の日々が続きそうでからいです。いや、つらいです。
こんにちは。なみはやノーツです。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼

以前、このようなエントリを書きまして……
門外不出の大学にある秘蔵画家の作品が、デジタル技術で公開されるとかhttp://tsuhimabu.blogspot.jp/2014/03/blog-post_10.html

 3月にデジタル高精細技術を使って、江戸時代の日本画を簡単に閲覧出来るようにしたイベントが関西テレビで行われました。で、5月にうめきたでイベントするからってことでお伝えしていたんですが、その内容が分かりましたのでお伝えいたします。

【イベント情報】淀川今昔明日ものがたりII(5/21-27)

2014年5月21日 (水) ~ 27日 (火) 11:00~19:00 にグランフロント大阪北館アクティブスタジオで「淀川今昔明日ものがたりII」を開催します(主催:VisLab OSAKA,関西大学STEP).このイベントは2月22日 (土) -23日 (日) に関テレ扇町スクエアで行われた「淀川今昔明日ものがたり」の続編になります.


関西大学秘蔵の約8メートルに及ぶ絵巻物「浪花及澱川沿岸名勝図巻」(大岡春卜 作) を日立製作所の超高精細デジタル化技術を用いて映像化し,アクティブスタジオの大画面で公開します(タッチパネルを使って映像を拡大縮小することができま す).さらに,今回は旧淀川周辺をモーターパラグライダーに乗って上空から4Kカメラで撮影した映像をパナソニックの最新4K液晶パネルで常時上映します (4月27日 (日) に空撮したものです).また,今回もAR (拡張現実) の技術を用いたタブレット端末やゲーム,淀川の今を生きる団体の活動の紹介などもあり,家族全員が体で感じながら楽しめるコンテンツが盛りだくさんです♪

5月24日 (土) ,25日 (日) には関西大学文学部の中谷先生ならびに関西大学STEPの与謝野センター長による絵巻物のミニ解説も行います.


乞うご期待!!

(facebookpegeより引用。というか丸写し・汗 )


江戸時代の大坂画壇が大阪の名所を巻物にした観光ガイド的な作品です。今回は大阪駅前のグランフロントで行われますので、用事で梅田へ来られる方、是非に見て下さいね。

2014年5月12日月曜日

都会のオアシス・中之島公園♪ お外遊びの季節です〜!


天気のよい日は暑いくらいにぽっかぽか!な今日この頃。
屋外でのアクティビティにはもってこい!な訳で。

自転車の荷台にはピクニックバスケット。
肩には、パンやディップソースなどの食材を詰め込んだ大きな保冷バック。
端から見れば、完全に浮かれた奴・・・
そんなお出かけスタイルがこの時期の休日の定番と化しております、よりともです。

友人と集まってピクニックに利用するのは、もっぱら中之島公園!
三方を水辺に囲まれた北区を代表する公園ではないでしょうか?
開園はなんと明治24年(1891年)!大阪市初の公園!
平成21年(2009年)にはリニューアルで、現在の姿に。



芝生に寝そべって日焼けをしているおじさまや、
木陰で読書にふけるお姉さん、
お昼寝やティーブレイクでくつろぐカップル、
ピクニックを楽しむファミリーや友人グループ、
芝生の上にマットを広げ、ヨガ教室なんかも開催されています。


友人とのピクニック風景。
何気ない集まりも絵になる?のは中之島公園の魅力のお陰!


1日中、思い思いのアクティビティを楽しむ利用者が、
ここは、まさに都会のオアシス!
色々な楽しみ方を観察するだけでも面白いもんですよ〜


休日は、午前中から木陰は人でいっぱい!
自分のお気に入りの場所を見つけるのも楽しいですよね〜♪


この時期、芝生広場の西に位置するバラ園では、春バラも楽しめます〜!
ジメジメの梅雨がやってくるその前に、都会のオアシスで満喫しましょう♪